ロテュリミン

 

ペニスに何か異変が起こった時、あなたはどう思いますか?どんなに些細な変化だったとしても、とても気になってしまいます。

 

痛みや痒みがあったり、変色していたり、自分でも気付くような臭いの変化があったり。こんな時、どのように対応すればよいのでしょうか。

 

ペニスに異変が!症状が治らない時は?

やはりペニスの異変といえば、真っ先に性病を疑うのではないでしょうか。

 

パートナーにはどう説明すれば良いのか、影響が無いかなど罪悪感で胸がいっぱいになってしまいますよね。もし、何か心当たりがあるとしても当然簡単には打ち明けられません。

 

性器ですので、周りに相談することも難しいです。

 

また、自分自身のプライベートに関係してしまう場合もあります。そうなると更に相談しにくくなってしまいます。カンジダは女性ばかりが悩んでいるイメージがあるのですが、実際には男性も同様に悩んでいる方が多いのです。

 

特にカンジダ性亀頭包皮炎の方が多いです。
これは、カンジタ菌が原因で起こる亀頭包皮炎のことです。カンジタ菌とはカビの一種です。つまり、水虫をイメージして頂ければわかりやすいかと思います。

 

ちなみに、これは性病ではありません。カンジタ菌は常在菌といって、女性の膣の中に存在している菌です。

 

そのため、性行為を行うことによって女性から男性へと感染するケースもあるのです。性行為が原因だったとしても、性病ではないので安心して下さいね。

 

基本的に、男性のペニスと女性の膣は構造が違います。ペニスは常に空気にさらされている状態です。そのため、本来であればカンジタ菌はあまり繁殖しないと言われています。

 

しかし、それには条件があります。不潔にしていたりすると繁殖する可能性が高くなります。また、傷があるとそこに根をはってしまいます。ちなみに、包茎の人は特にカンジタ菌が繁殖しやすいと言われています。これは亀頭部分が常に蒸れた状態になっているからですね。

 

では、ペニスに何か異変があった時に皆さんが取る行動はどれでしょうか。多くの方の場合、いつもより丁寧に洗ってみるのではないかと思います。ほんの少しの痒みであれば、性病を疑うよりも先にかぶれなどを疑いますよね。

 

ここが注意しなければならないポイントです。ペニスを清潔にしておくのは良いことです。しかし、カンジダ性亀頭包皮炎はどんなに洗っても良くならないのです。むしろ、洗いすぎてしまうことで症状が悪化してしまうことが多いですね。

 

どんなに綺麗に洗っていても次第に悪化していきます。そのうちに、亀頭の部分がなんだかカサカサしていきます。その後は、付け根から恥垢のような白いカスが出てきてしまいます。

 

亀頭の付け根部分に輪のような形で溜まっていくのです。その後は亀頭の部分に赤いブツブツが出始めます。 これらがカンジダ性亀頭包皮炎の主な症状です。もちろん個人差がありますので、人によってはそれぞれの症状が出てしまう場合もあります。

 

カンジタ治療薬 ロテュリミンAF 詳細

 

ロテュリミン

 

なぜカンジダ菌は洗っても取れない?

看護師

カンジダ菌はどんなに洗っても取れません。
それは何故なのでしょうか。
カンジダ菌はカビの一種で、植物に分類されるということがポイントです。植物の一種なので、体に根付いてしまうのです。

 

カンジダ性の炎症にかかってしまっている時は、皮膚にカンジタ菌が根付いてしまっているということですね。そして、放置していればどんどん根は深くなっていきます。

基本的に、人の体には細菌やカビ菌が付着しています。体の外にも中にもです。例えば善玉菌と悪玉菌もありますよね。このように、通常であればお互いを牽制し合っています。そのため、悪さをしたくてもできないのです。

しかし、一度このバランスが崩れてしまうと私たちの体に悪影響が出てしまいます。石鹸には殺菌作用がありますよね。つまり、細菌のみを殺してしまい、カビ菌にとって繁殖しやすい状況を自分で作ってしまっていることになるのです。
もちろん不潔にするのも良くないので、清潔を保ちつつ洗い過ぎない、という微妙なラインを考えなければならないのです。

 

ペニスの症状ということで、気になって病院に行くのを拒む方も少なくはありません。原因がカンジダ菌だとわかっていれば良いのですが、そうでない場合には次にどんな行動を取るのでしょうか。

 

清潔にしていても治らないとなると、まずは痒みを止める事を考えます。つまり、ドラッグストアなどで痒み止めの軟膏などを購入するかと思います。軟膏にも色々な種類がありますので、運良く水虫に効果のある物を選べる場合もあります。

 

しかし、それで痒みが治まっても結局は意味がありません。やはり、カンジダ性亀頭包皮炎にはカンジダ菌に効果のある軟膏を付けなければならないのです。そのため、洗っては軟膏を塗る、という行為を繰り返していても良くはなりません。それどころか悪化してしまう方がほとんどなのです。

 

男性がこのカンジダ性亀頭包皮炎になると、悪化してしまうケースが多いのです。前述の通り、綺麗に洗いすぎてしまう方が多いからですね。また、軟膏の効果も問題です。もし細菌用の軟膏ならば、余計にバランスを崩す原因になってしまうのです。

 

一度病院に言って診察してもらえば、悩んでいた原因がわかり安心できます。カンジダ菌は真菌で、抗真菌薬を処方してもらうことができるからです。しかし、もちろん個人差がありますので症状が軽い人もいます。

 

それに、病院に行くのは恥ずかしいという方もいますね。それで間違った方法を続けていると、治るどころか悪化させてしまうこともあるのです。

 

デリケートな場所ですから、病院に行かないでも治る方法を探したいものです。しかし、その結果悪化させてしまっては意味がありません。病院に行かなければ治らないようなレベルになってしまう可能性もあるのです。つまり、間違った方法を選ぶのは危険だということですね。

 

あなたの症状はカンジダ性亀頭包皮炎に当てはまっていましたか?もしそうなら、ロテュリミンAF軟膏について少しご説明させて頂きます。それが一番おすすめの治療法だからですね。

 

では、カンジダ菌についてもう少し説明します。カンジダ菌は真菌で、カビの一種です。そして、女性にとっては膣に存在している常在菌でもあります。そのため、女性もカンジタ膣炎になることがあります。というよりも、多くの女性が悩んでいるのです。

 

女性の場合、抗生物質を飲んだり体の抵抗力が落ちることで発症してしまう方が多いです。そして、とても厄介で一度発症してしまうと、何度も再発してしまうのです。

 

それに比べて男性の場合は少しの期間ロテュリミンAFに頼れば良いので、もっと気楽なのです。

 

ロテュリミンAFの良いところは、通販でも購入できるということです。つまり、病院に行かなくても良いのです。また、使い方も非常に簡単なので、誰でも扱うことができます。

 

病院に行くと、当たり前ですが医師や看護師にペニスが見られてしまいます。また、それだけではなくプライベートな性生活のことなど質問されることもあるでしょう。そんな中、自分で症状だけ確認できれば良いのです。

 

ただし、もちろん病院に行かなければ治らないというケースもあります。

 

薬剤の関係や、体の抵抗力が落ちてしまっている場合などです。傷口があればそこから更に悪化してしまう可能性もあります。しかし、正しい方法さえ知っていればそこまで怖いものではありません。