ロテュリミン

カンジダ性包皮炎とカビ

 

カンジダ性包皮炎というのは、カビの一種となっているカンジダ菌が陰茎の亀頭部分に炎症を起こしてしまっている状態です。

 

疲労やストレスといったものによって抵抗力が低下してしまうことが主な原因となっているのです。

 

カンジダ性包皮炎は性感染によって発症することが最も多いと言われています。

 

カンジダ性包皮炎は一旦発症してしまうと何度も繰り返してしまうようになります。

 

そのため、なかなか完治しにくいのです。

 

治療においては抗真菌剤軟膏を患部に直接塗りこむのが一般的です。

 

平均的には3ヶ月程度治療を続けることで沈静化するのですが、再発してしまう可能性も高くなります。

 

また、カンジダ性包皮炎というのは仮性包茎の方には非常に多く発症するものです。

 

症状が深刻で改善されないような場合には包茎手術も治療の1つとして行うことが多いようです。

 

仮性包茎というのはカンジダ菌が繁殖しやすい環境になりやすいのです。

 

カンジダ性包皮炎は性行為が原因となって発症してしまうことが多いですので、しっかりと予防措置を講じるようにしなければなりませんよ。

 

一度発症した時点で徹底的に治療をしなければ何度も再発してしまう、ということを覚えておいてくださいね。

 

 

 

男性カンジダで気をつけるべきポイント

 

生活で痒みを訴えたのをきっかけとして、男性カンジダと診断される場合があります。人によってさまざまですが、表立った症状が出現すると、痒みや痛みが違和感となって感じられるようになります。

 

日常生活動作には支障がありませんが、感染のリスクがあるため、パートナーに対する感染を予防するのがマナーです。

 

風俗店など、不特定多数の相手をこなす場でカンジダが発症していると、爆発的な感染を起こすことがあります。そうならないためにも、自己管理を徹底するのが重要です。

 

他にも亀頭部分にびっしりと白いカスがつくこともあります。入浴時に取ることもでき、湿っている状態であれば、トイレットペーパーでふき取ることも可能です。

 

ただし、痒みや痛みを伴うこともあるので、対症療法を行うことが必要になります。

 

泌尿器科に相談すると、男性カンジダの有無を検査することができます。検査には時間を要さず、すぐに男性カンジダ発症の有無を突き止めることができます。

 

症状に合わせて軟膏を処方してもらうこともできるため、二次感染の予防に努めることと、自分の症状を軽快させるような措置を行うことが必要です。

 

清潔さを保つことも男性カンジダには重要です。しっかり直して楽しい性生活を送れるようになるまでは、性行為は自粛すべきです。

 

 

 

カンジダの時は薬用石鹸の方が安心

カンジダの時には美容成分一杯の石鹸やボディーソープよりも除菌効果の高い薬用石鹸などのほうが安心です。
ただし、それでも症状が悪化するようだったら、除菌効果の高い薬用石鹸よりもお湯で洗う方が安全です。
そして、妊活をしている人にとって厄介なのがカンジダです。
やはり妊活中はカンジダになってしまったら、当然妊活は出来なくなってしまいます。
やはりカンジダが完治してからじゃないと、妊活の再開は危険です。
妊活している人の場合、治療は自分で市販薬を使ってでも良いですが、カンジダが本当に完治したかの判断は、しっかり病院で検査をしてもらうことが大事です。
自分ではカンジダが治ったと思っていても、実際にはカンジダが完治していない可能性もあります。
その時に、避妊をしないセックスをすれば、当然パートナーに迷惑がかかってしまいます。
そのため、妊活の再開には、医師の判断が必要だと思います。
自分がカンジダを治しても、今度はパートナーがカンジダになってしまったら、意味がありませんからね。
やはりカンジダっていうのは、セックスによる感染の可能性がありますので、自分が感染者であることを早く知るということがすごく大事になってきます。

 

 

カンジダの患部を洗浄する時

カンジダの患部を洗浄する時には、除菌力の高い薬用石鹸や刺激の少ないお湯洗いが一番と言われています。
ただし、カンジダ菌を除菌できるのは抗真菌薬だけなので、薬用石鹸であっても、カンジダ菌を消滅させることはできません。
そして、カンジダダイエットは、カンジダの再発が多い人におすすめです。
炭水化物や発酵食品などを控えることによって、カンジダ菌の繁殖を予防する効果がカンジダダイエットにはあると言われています。
カンジダって、免疫力が低下している時にもなりやすいのですが、それ以上に食生活が乱れている人もなりやすい病気です。
その証拠に、カンジダというのは、糖尿病患者が患うことが多い病気として有名であり、糖尿病になりやすい食事をしている人は、やはりカンジダにもなりやすいと言われています。
そういう意味では糖尿病もカンジダも、どっちも生活習慣病の一種と言えます。
やはり炭水化物や発酵食品は、カンジダ治療中には出来るだけ避けるようにすると、自然治癒を目指している人にとっても、症状が悪化しないで済む可能性がありますので、やってみるべきかもしれません。
カンジダダイエットと共に、ストレスや疲労も溜めないように気を付けたいですね。

 

 

カンジダ治療には抗真菌薬

カンジダの原因である真菌を除菌する場合、使用しないといけないのは抗真菌薬です。
抗真菌薬以外ではカンジダを除菌することが出来ないので注意をしましょう。
そして、妊活している人には、カンジダを早く完治させないと、妊活の再開が出来ません。
両方カンジダに感染してしまった場合、どっちか片方だけが完治してもダメです!
お互いに完治しないと、妊活を再開することが出来ないので気を付けましょう。
妊活の再活をする時には、基本的には病院でチェックをしてもらうのが一番安心です。
やはり病院で検査をしてもらってから、ちゃんと妊活を始めた方が、2度目の感染を予防できます。
どっちかか、カンジダ菌を保菌していれば、それだけまた性行為によってうつし合いになってしまいます。
妊活では、避妊をしないセックスするので、やはりカンジダや性病になってしまうと、妊活は完治が確認できるかというのがすごく大事になってきます。
日頃病院にあんまり行きたくないと言う人でも、やはり妊活を再開させるのであれば病院でしっかりカンジダが治ったことが確認しないと不安です。
自覚症状があんまりカンジダだからこそ、発覚が遅れて周りに感染させてしまう可能性があるのが大変です。

 

 

カンジダを除菌する方法

カンジダを除菌するには、抗真菌薬が有効です。
普通の抗生物質ではカンジダは除菌できないので、注意が必要です。
そして、カンジダにあまりにも多くなってしまうことが多い人は、カンジダ予防のサプリメントが出ているので、サプリメントを利用するのも一つの解決策になるかもしれません。
サプリメントって、普通のコラーゲンとかビタミンCだったら、どこの薬局でも売っているけど、カンジダ予防専用となると、ネットの一部のお店でしか販売されていません。
なのでカンジダ用のサプリメントを入手するのはちょっと難しいですね。
サプリメントは特に、食生活の改善が難しい人が利用する方が良いですね。
頑張って自分で食生活を変えられる人だったら良いですが。
あんまり自炊などしないで、外食ばかりをしている人だったら、サプリメントを併用した方が、良いかもしれません。
カンジダ専用のサプリメントを売っているお店が少ないので、それだけがネックですけどね。
サプリメントを飲むことによって、かなり再発が少なくなったと言う口コミも多いので、再発が気になっている人は試してみるべきかもしれません。
予防をして、カンジダになりにくい体質改善をすることが重要ですね。

 

 

薬用石鹸ではカンジダは除菌できない!

薬用石鹸を使えばカンジダを除菌できると勘違いしている人がいますが、実際には出来ません。
カンジダを除菌できるのは、抗真菌薬だけ。
ミューズなどの薬用石鹸で完治させることは難しいので、ちゃんと抗真菌薬を使用することをおススメします。
そして、カンジダの検査の時って、金属製の器具を使うので、女性の場合、それが嫌でなかなか病院へ行けないっていう人も多いですね。
私もカンジダ検査の時に、毎回金属製の器具を使われ、ひんやりした、あの独特な感覚を味わうのが辛くて仕方ありません。
でも、カンジダ検査をしてもらわないことには、やっぱり他の病気の可能性もありますので、正確な原因特定ができません。
カンジダ検査は、基本的に綿棒のようなもので、膣内をこすり分泌物などを採取します。
それによって、カンジダだと診断されれば、そのままカンジダの治療になりますし、別の原因がある場合は、その原因に有効な治療方法が取られます。
そのため、まずは最初に病院で、本当に自分がカンジダなのかどうかをチェックをすることが非常に大事になってきます。
カンジダじゃないのに、抗真菌薬を使っても、結局は意味がありませんからね。
まずは原因をはっきりさせることが重要です!