ロテュリミン

カンジダ男性と性感染症

 

性感染症というのは放置してしまう、というのが最も良くありません。

 

であるにも関らず、医療機関において検査や治療を受けることを避け、放置をしてしまうこともあります。

 

とくに男性の場合には症状がなかなか現れないために治療の必要性等を感じることもなく放置してしまうようになるのです。

 

性器カンジダに関しても、放置をすると色々な問題を引き起こしてしまいます。

 

性交渉における感染拡大はもちろん、症状そのものが悪化するというのも深刻になります。

 

まず男性の場合には亀頭包皮炎の原因となるのです。

 

亀頭が赤くただれてしまい、痛みや痒みを現れ、さらに白いカスがたくさん出るようになります。

 

また、尿道炎を発症することもあります。

 

性器カンジダからこの症状にまで発展する、というケースは稀なのですが、尿道に炎症が起こることによって排尿時や射精時に痛みを感じるようになります。

 

女性の場合はかなり症状が深刻になります。

 

外陰部、膣において炎症が現れ、かゆみが酷くなります。

 

性交渉における痛み、排尿障害などの症状が見られることもあります。

 

さらに恐ろしいことが母子感染です。
妊娠中というのはホルモンバランスにおける影響で性器カンジダを発症しやすいのです。

 

 

もちろん男性でもカンジダにおける症状が悪化することもありますので注意しておくようにしましょう。

 

 

カンジダは男性でも症状が出る

 

男性の亀頭部の痒みや痛みを感じることというのはありますよね。

 

さらにただれや包皮が切れるなどの症状というのはカンジダ症によって現れることが多い症状になります。

 

このような症状というのは、カンジダ症を疑ってみるのが良いでしょう。

 

しかし、カンジダ症というのは実は非常に稀な性病になります。

 

カンジダ症によく似ている性病もありますので必ずしもカンジダ症であるということはありませんが、素人判断をしてしまうのは危険です。

 

包茎、糖尿病、ステロイド剤などを使用していないにも関わらずカンジダ症のような症状を感じる場合には注意が必要です。

 

場合によってはエイズなどの病気によって抵抗力が著しく低下してしまい、カンジダ症を引き起こしている可能性もあるんですよ。

 

現在の症状がカンジダ症によって引き起こされているという確信があるのであれば、市販薬を使用することで症状を改善することもできます。

 

しかし、男性の場合にはカンジダ症を発症するというのは非常に稀なことですので、カンジダ症かどうかの判断がつかない場合には不用意にこのような薬剤を使用してはいけません。

 

カンジダ男性の多くは最初は性病ではないかと不安に思うようです。

 

原因がはっきりと分からないのであれば、まずは専門医に相談をしてみるようにしましょうね。

 

 

 

女性はカンジダの再発が多い

女性はカンジダの再発が多い場合、アンダーヘアの脱毛をしてみるのも一つの方法だと勧められています。
というのも、アンダーヘアを脱毛することによって、陰部の蒸れや雑菌の繁殖が軽減されてカンジダになりにくくなるからだと言われています。
そして、カンジダは自覚症状が出る前は、てっきりデリケートゾーンの痒みだと感じてしまうことが多いです。
私も最初にカンジダになった時には、カンジダではなく、デリケートゾーンの痒みだと思って、市販のお店でデリケートゾーン用の痒み止めを買ってしまいました。
でも、さすがにずっと使っていても、痒みが止まらないし、おりものの色が白くなってきたので、「これはカンジダなんじゃ」って気付きました。
やはりデリケートゾーンの痒みとカンジダの痒みって、最初はなかなかわかりません。
でも、デリケートゾーンの痒みだけだったら、おりもののがカッテージチーズのようにはならないので、やはりカンジダだと気づく一つの目安になりますね。
自覚症状がない時には、痒みだけで判断してしまいがちですが、おりものまで白くなれば、やはりカンジダだとわかるので、気づきやすくなってきます。
でも、そこで気づいた時には、もう痒みが酷くて、市販薬では手に負えなくなってしまうこともありますけどね。

 

 

アンダーヘアを脱毛すればカンジダになりにくい!?

女性が膣カンジダや性器カンジダになりやすいのは、やっぱり女性器の構造上、蒸れやすくなってしまうので仕方ありません。
そこで、少しでも陰部の蒸れを改善するために、カンジダ予防にアンダーヘア脱毛をしている人もいます。
アンダーヘアを脱毛すれば、それだけ陰部の蒸れが改善できるのでカンジダの再発予防には効果があると思います。
女性の場合、膣カンジダが癖になってしまうと、再発がすごく面倒です。
私もこれまで、膣カンジダには何回かなったことがありますが、やはり免疫力が低下している時に、油断するとすぐになってしまうので、疲れが溜まっている時なんかは本当に注意が必要です。
ストレスや疲れっていうのは、誰もが感じていると思いますが、女性の場合は、それがカンジダにつながることも結構多いですからね。
最近は結婚しても出産しても、共働きを選ぶ人が増えていますしね。
女性が会社で働いて、更に家事もこなして、育児もやろうとすると、負担が大きすぎてしまいます。
もっと男性が育児も家事も手伝ってくれると、良いんですけどね。
男性の場合は、カンジダになっても再発は少ないので、まだマシですね。
女性は癖がつかないように、疲れやストレスを溜めないようにしたいですね。

 

 

カンジダ予防にハイジニーナ脱毛

カンジダ予防にハイジニーナ脱毛をする人が、最近はいるんですってね。
ハイジニーナ脱毛をすれば、確かに雑菌繁殖や蒸れは改善されるので、カンジダの再発に悩んでいる人にとっては、良い解決方法になるかもしれません。
そして、高齢者はカンジダになってしまったら、すぐに病院へ行くことをおススメします。
というのも、高齢者の場合、カンジダによって敗血症になってしまい、合併症によって死亡する可能性もあるからです。
そのため、自然治癒でカンジダの症状が悪化してしまうことを避けるため、高齢の場合は早めにカンジダを治療した方が良いです。
自然治癒はお金をかけないで、そのまま自然に治ってしまうと言うメリットもありますが、一方で、症状が悪化し、なかなか治らないと言うデメリットもありますので。
カンジダが長引けば長引くほど敗血症の可能性は高くなりますし、高齢者にとっては馬鹿に出来ない存在です。
やはり高齢になってくると、免疫力が若い頃よりも低下していますし、他の既往症も抱えている可能性があります。
カンジダのようなちょっとした菌でも、体内へ侵入すれば、深刻な合併症の引き金になることもありますので、やはり注意が必要になってきます。