ロテュリミン

亀頭包皮炎が治らない理由

 

亀頭包皮炎は亀頭部分と包皮部分の間にカスが溜まり、そこに細菌や雑菌が繁殖することで発症します。

 

原因菌は細菌の他にカンジダ菌というカビの一種も挙げられます。

 

細菌が原因の時とカンジダ菌が原因の時では治療で使う薬は異なります。

 

細菌が原因の場合は抗生物質やステロイド剤が使われ、カンジダ菌が原因の場合は抗真菌剤が配合された軟膏が使われます。

 

亀頭包皮炎がなかなか治らない原因として使う治療薬が間違っている事が挙げられます。

 

カンジダ菌が原因で亀頭包皮炎を発症している際に抗生物質やステロイド剤を使うと治療できないだけでなく症状が悪化してしまうことがあります。

 

抗生物質やステロイド剤はカンジダ菌以外の菌を殺菌してしまうためカンジダ菌の増殖を招いてしまうため症状が悪化します。

 

また、日常性活の中で治療方法を間違えるとなかなか完治する事はありません。入浴の際に性器を洗いすぎてしまうと亀頭包皮炎が悪化する事があります。

 

石鹸で性器を洗いすぎると皮膚表面を保護している細菌や雑菌を全て洗い流してしまい、カンジダ菌のみ残ってしまいます。

 

その結果常在菌の働きが低下しカンジダ菌が増殖する要因となります。

 

亀頭包皮炎は原因菌に効果のある薬を使い入浴方法など日常生活を気を付ける事によって早く完治します。

 

 

男性のカンジダに有効な薬とは?

 

カンジダ性の亀頭包皮炎を治療する市販薬は、ラミシールが有名です。

 

亀頭包皮炎の原因菌によって、選ばないといけない市販薬も変わってきます。

 

そのため、最初は病院で本当にカンジダなのか、チェックしてもらうことが大切です。

 

そして、カンジダになってしまうと、人にはあんまり言えないのが悩みです。

 

相談できるようなオープンな性格だったら良いですが、そんな人ばかりではないですからね。

 

やはりオープンに出来ない人だと、カンジダの悩みはすごく考えてしまいます。

 

特にカンジダって、病院へ行きたがらないのは、やはり診察の恥ずかしさがあるからだと思います。

 

また、市販薬を買うにしても、対面販売のお店だと、やっぱりレジでピッピッしてもらう時に、すごく恥ずかしくなってしまいます。

 

店員さんが若い異性だと、余計にカンジダの薬なんて買えない!

 

レジをついついチェックしてしまいますよね。

 

まあ、中高年のスタッフだったらまだ良いですが。

 

やっぱり異性だと、カンジダの薬は購入しにくいので、結局はネットで購入してしまいます。

 

ネットだったら、レジの店員さんを気にして、カンジダ薬を購入できないなんてことはありませんからね。

 

対面販売はやっぱり恥ずかしさが一番のネックなのかなって思います。

 

 

 

お風呂でカンジダの症状を悪化させている人

カンジダ膣炎になった時には、膣錠剤を使わないとなかなか解消しません。
膣錠剤と軟膏ではカンジダの治りの早さが全然違いますからね!
そして、カンジダの症状が悪化している人は、お風呂に入る時に石鹸やボディーソープを使わない方がおススメです。
カンジダの痒みが酷い時や、おりものの量が増えている時っていうのは、やっぱり膣カンジダの場合などは、炎症を起こしている可能性がありますので。
基本はお湯で刺激を与えないように洗い流すのが良いとされています。
市販の石鹸やボディーソープって、最近はビタミンC配合やら、シアバター配合やら、色々な成分が入っていますよね。
でも、カンジダが酷い時には、ビタミンCもシアバターも、悪い方向へ結果が出てしまう可能性があります。
また、洗い方も、ナイロンタオルなどでゴシゴシと洗ってしまうのは厳禁です!
痒いので力を入れてしまいがちですが、カンジダの治療のためには、さっと最低限の衛星を保つくらいの気持ちで洗浄する方が良いみたいです。
ゴシゴシと洗ってしまうと、余計に痒みが酷くなるっていうのは、私も経験していますので、危険だと思います。
お風呂の時には、カンジダの患部は優しく扱うようにしましょう。

 

 

カンジダ膣炎用の錠剤は有効

カンジダ膣炎用の錠剤は、もしも利用できるのであれば、使ったほうがおススメです。
軟膏ではカンジダ膣炎は治りにくく、やはり膣錠剤を使ったほうがおススメです!
そして、高齢者が自然治癒ではなく、病院での治療が良い理由は『敗血症を防ぐ』ためです。
自然治癒となれば、カンジダ菌が更に他の部分へ感染を広げたり、体内へ侵入して敗血症を起こす可能性があります。
自然治癒をするのであれば、1カ月~数か月の治療期間がかかる可能性がありますので、治療が長引けば、それだけ敗血症になるチャンスも多くなってしまいます。
敗血症で悪寒や高熱が出てしまった場合、早くに病院で処置をしてもらえば、若い人などは体力もありますし、ちゃんと回復できます。
しかし、免疫力が低下しており、体力もない高齢者の場合は、敗血症になってしまうと、そのまま重篤化してしまい、敗血症によって死亡する例もあるのです。
やはり普段から、あんまり病院へ行きたがらない人ほど、敗血症になった時も、風邪だと思って我慢してしまい、なかなか病院へ行かないで敗血症をこじらせてしまいます。
カンジダは一見る、大きな病気には見えませんが、敗血症になると命にもかかわる深刻な状態になります。