ロテュリミン

亀頭包皮炎を予防するにはどうする?

 

亀頭包皮炎というのは、包皮と亀頭の間に汚れが溜まってしまい、細菌が繁殖してしまいます。

 

その結果炎症を起こすようになってしまうのです。

 

尿を出す時に染みてしまったり、炎症が酷くなってりまうと膿が出るようになります。

 

この亀頭包皮炎は、まだおむつをしている乳幼児に多く発症します。

 

幼児や小児というのは、砂遊びなどして汚れた手で亀頭部分に触れるなどして、亀頭部分に雑菌が増殖しやすくなってしまうのです。

 

その結果亀頭包皮炎を発症してしまうようになるのです。

 

赤ちゃんの場合は尿を出す時に痛みを感じますので、排尿時に泣くようになります。

 

亀頭包皮炎は亀頭部分の雑菌が増殖することで発症しますので、雑菌が亀頭部分に増殖してしまうのであればそれは全て亀頭包皮炎の原因となる可能性があります。

 

この亀頭包皮炎を予防するためには、なによりも亀頭部分を清潔にすることが重要なのです。

 

入浴時には亀頭部分を少しだけ剥いて、洗浄するようにしましょう。

 

亀頭部分を洗浄することによって、雑菌の増殖を抑えることができるようになります。

 

雑菌の増殖を防ぐことができれば、亀頭包皮炎を予防することもできますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

 

亀頭包皮炎を予防するために亀頭部分の洗浄をしっかりと行うようにしましょう。

 

性器カンジダの感染

 

カンジダ症は、もともと体内に常在してる常在菌であるカンジダ菌が原因になって起こる性病の一つです。

 

クラミジアやヘルペスなどのほかの性感染症とは異なり、セックスの経験がなくてもあるいはセックスをしたわけではなくても症状が出ることがあります。

 

体の免疫力が低下したり、疲労やストレスが溜まっている時などになりやすく、男性はほとんど症状が出ないことが多いですが、女性は外陰部にかゆみを感じたりおりものが増加したりカッテージチーズのような形状になったりもします。

 

ただ、セックスを行って感染することも考えられるので、自分や相手に症状が出ている場合には治療が終わるまでセックスをしないようにするのが望ましいでしょう。

 

治療や抗真菌剤の膣錠を中に入れたり、かゆみ止めの軟膏などを使用して治療していきますが、人によっては非常に再発しやすいこともあるので、日頃から性器周辺を清潔にしたり、下着をこまめに替えたりするなどで予防することもできます。

 

女性の場合、きつめの下着やガードルなどを常に身に着けることでカンジダ菌が繁殖しやすい環境を作っていることも考えられますので、通気性の良いコットン素材のゆったりした下着を身に着けるようにしましょう。

 

きつい下着はカンジダになりやすい

カンジダになりやすい女性は、きつい下着をつけていたり、通気性の悪い服を身に着けていることが多いと言われています。
下着だったら綿100%が良いとされています。
カンジダになりやすい女性は、こうしたちょっとした下着や衣類から、生活を変えてみると良いかもしれませんね。
そして、産婦人科でのカンジダ検査は痛いという意見が友達や私の感想です。
あのカンジダの菌の採取の時に、ちょっとだけ痛いんですよね。
でも、注射程の痛みではないと思いますので、まあ人にもよるのかな。
膣というのは、あんまり普段チェックされない場所なので、それだけ痛みも感じやすいのかなって思いました。
でもカンジダかどうかをはっきりさせるためには、やっぱり大事な検査だと思います。
カンジダだと自分で思っていても、実際には違うこともありますからね。
そういう部分ははっきりしておかないと、原因が違ってしまうと、適切な治療も出来なくなってしまいますからね。
よく考えないといけないなって思いました。
自分で自己判断するというのは、カンジダ以外の病気を見抜けない可能性があるので、治療の効率性という意味では、あんまり良くないですね。
病院の方が絶対に原因を特定できるので一番安心だと思いますけどね。

 

 

恋人にカンジダなったことを告げるべきか

カンジダになった女性は、恋人がいる場合、ちゃんと恋人にカンジダなったことを告げるべき。
男性は女性からカンジダをもらうことが感染原因として最も多いですからね。
そして、カンジダダイエットは、カンジダの再発が多い人にとって、予防策になります。
カンジダになりやすい炭水化物などの摂取を控えることによって、食事からカンジダ体質を変えていくことを目指す方法です。
なぜ炭水化物がカンジダにとって良くないかというと、それはカンジダ菌が炭水化物に含まれている糖分を好むこと。
カンジダ菌は酵母の一種とも呼ばれており、イースト菌と同じ働きをすると言われています。
イースト菌は、糖分をエサに活動する特徴があるため、カンジダ菌も糖分の多い食生活をしている人だと、繁殖に必要なエサが沢山入ってくるので、繁殖しやすくなると考えられています。
そのため、カンジダ菌のエサを体内から除くため、カンジダダイエットという予防方法があるのです。
食生活が乱れている人ほど、カンジダダイエットは効果がある可能性があります。
食生活について自信がない人は、手っ取り早く、炭水化物の摂取量を控えめにしてみると良いと思います。
フルーツなども、糖分がない方が安心です。

 

 

女性のカンジダと言えば?

女性のカンジダと言えば、やっぱりカンジダ膣炎が有名ですよね。
女性のカンジダ膣炎は、なかなか治りにくい、再発も多いので、持病になってしまうと面倒です。
そして、高齢者の場合は、カンジダになったら自然治癒をしないで、すぐに病院で治療を受けることをおススメします。
というのも、高齢者の場合、カンジダになってしまうと、敗血症が怖いからです。
敗血症による高齢者の死亡率は高く、気を付けないといけない合併症です。
カンジダでの敗血症は、黄色ブドウ球菌や大腸菌に比べれば、それほど発生率は高くないですが、やはり敗血症になってしまった時には、体調が恐ろしく急変しますので、大変危険な状態です。
カンジダがまさか悪寒や高熱を引き起こすとは思わず、多くの人は、それがカンジダによる敗血症だとわかりません。
風邪を引いただけかなって思って、そのままにしておくと、症状がますます悪化してしまいます。
そのため、カンジダの時に妙な悪寒や高熱が出てしまった時には、敗血症の可能性がありますので、早めに病院を受診するようにしましょう。
悪寒は高熱は敗血症の代表的な症状なので、気を付ける必要があります。
ただのカンジダでは、そんな症状が出ません。