ロテュリミン

亀頭包皮炎とカンジダ性亀頭包皮炎

 

亀頭包皮炎というのはカンジダ性のものもあります。

 

疲労やストレスなどが原因となってカビの一種であるカンジダ菌が亀頭部分に炎症を起こしてしまっているのです。

 

カンジダ性による亀頭包皮炎というのは抗真菌剤の軟膏を塗ることによって治療を行います。

 

カンジダというと性病であると思われている方も多いようですが、亀頭包皮炎というのは性病ではありません。

 

軟膏はステロイドが入っているものは包皮を縮める作用があります。

 

そのため、包茎治療にも効果的だと考えられています。

 

ステロイドが含まれている軟膏にはリンデロン軟膏というものがあります。

 

ただし、ステロイド薬は多く塗りすぎてしまうと副作用を起こす可能性もあります。

 

そのため、治療が長期に渡る場合にはリンデロンの使用量をしっかりと調節するようにしましょう。

 

リンデロン軟膏というのはドラッグストアなどでは手軽に購入することはできません。

 

そのため、病院で処方してもらうのが基本になります。

 

ゲンタシン軟膏も皮膚の炎症を抑える効果があり、殺菌作用もありますよ。

 

治療効果は高いのですが、長期的に使用することによって効果が薄れてしまいます。

 

そのため、使用量についてはしっかりと注意しておくようにしましょうね。

 

ゲンタシンは非ステロイドなのですが、抗生物質ですので多用してしまうと少しずつ効きにくくなってしまいます。

 

性器カンジダの薬

 

カンジダ菌は真菌と呼ばれるカビの一種なので、カンジダ症の治療薬には抗真菌剤が使用されます。

 

一般的に薬は専門の医療機関で処方してもらう事になります。女性の場合はっ産婦人科、男性の場合は泌尿器科で診察、処方をしてもらいます。

 

しかし、女性の場合は一度カンジダになると再発を繰り返しやすくなるので、再発した場合市販の医薬品を購入することも可能です。

 

一般的な抗真菌剤は、女性の場合は膣の中に入れて使用する膣錠、外陰部に塗布する塗るタイプのものを使用します。

 

男性の場合は性器に抗真菌剤が配合された軟膏を塗ることで治療する事ができます。男性よりも女性の方が症状が重く、場合によっては連日病院へ通院して膣洗浄を受ける必要も出てきます。

 

男性の場合は軟膏を塗ることで治す事ができますが、症状が治まったからと言って自分の判断で軟膏の使用をやめてはいけません。

 

治ったと思っていてもカンジダ菌は皮膚の奥まで根を張っているので再び症状があらわれてしまう事があります。カンジダ菌は抗真菌剤でしか治療する事ができません。

 

抗生物質は効果が出ないだけでなく逆に症状を悪化させてしまう可能性があるため、自分の判断で治療しようとはせず、医療機関へ行くことが必要です。

 

 

カンジダになりやすい習慣

カンジダ女性によるある悪い習慣として膣内洗浄が挙げらます。
女性は膣内洗浄でカンジダ菌も他の常在菌も全部洗い流してしまい、常在菌のバランスを乱すことが多いのです。
そのため、膣内洗浄のし過ぎはカンジダの原因になると指摘されています。
また、カンジダの種類って色々とありますが、中でも男性の亀頭包皮炎は、女性のカンジダなんかに比べたら、簡単に治りやすい部類に入ります。
当然、治りやすいというのは、病院に通った場合です。
病院でカンジダの診察を受けて、適した治療薬を貰い、毎日しっかり塗った場合は、男性のカンジダはそれほど悪化しないで1週間~2週間くらいで治ってしまいます。
自然治癒に任せた場合は、亀頭包皮炎が悪化して、なかなか治りにくい状況になることもあります。
更に、尿道へカンジダ菌が侵入してしまうと、尿道炎になってしまい、排尿の度に激痛が走るようになってしまうので、大変危険です。
放っておくよりも、多少お金をかけて、最初に病院へ行ってしまうとか、市販薬で様子を見ないと、いくら男性のカンジダが簡単に治りやすいと言っても、こじらせる可能性があります。
尿道炎になってしまうと、痛みが辛くなりますので、出来るだけ早い期間で完治させてしまったほうが良いですね。