ロテュリミン

早期からファンガクリームを選択するのをお勧めされる理由

 

足の指にできた水虫だけでなく、かかとなどの広範囲に症状が広がることもあるのが白癬菌です。

 

もちろん、カンジダも真菌の一種であり、白癬菌治療の薬と並行して利用されることがあります。

 

ただし、白癬菌には効果があっても、カンジダ菌に効果がない薬も存在します。

 

つまり、1つだけでは効果が不十分という場合があるのです。

 

このまま継続しても症状の改善が見込めないという症状に至っているのであれば、ファンガクリームなどに切り替えることで、迅速な変化を感じることができるかもしれません。

 

誰もが早期改善を図りたい水虫やカンジダ。

 

しかし、薬の不一致で治療が長引いてしまうことがあるのも現状なのです。

 

こうした事態を回避するためにも、初めから広く浸透することができるファンガクリームなどの薬を用いることによって、治療期間の短縮を図る動きが活発になっています。

 

やはり、多くの時間とお金を投じたのに効果が得られないとなると、身体的な面でのダメージよりも、精神的な面でのダメージが大きくなってしまうのです。

 

それが、治療に対するモチベーションの低下にも直結するので、ファンガクリームを用いた水虫やカンジダの治療方法が、早期から提案されるのかもしれません。

 

 

性器カンジダの治療と料金

 

性器カンジダは男性女性共に感染する可能性のある病気です。

 

性行為の際に感染する事もありますが、多くの場合体調の変化によって発症する自家発症によって起こるため性行為をしなくともカンジダになる可能性があるので注意が必要です。

 

治療法としては、まず検査を行い菌が繁殖しているか調べます。男性の場合亀頭周辺の菌を綿棒で採り、女性の場合は外陰部・膣の症状を調べ菌を検査します。

 

感染していると診断されたら薬1日~2日程通院して治療を行います。

 

女性の場合は膣洗浄を行います。そして外陰部に塗り薬をぬり、抗真菌剤の膣錠を膣の中に入れます。カンジダの繁殖が広範囲に及んでいた場合は連日通院して膣洗浄を行う事もあります。

 

男性の場合は軟膏やクリームを患部を塗るだけで完治します。

 

ただし、男性の場合数日で症状は治まってきますが菌が全て死滅するまで治療を行わないと再発する可能性があるため、病院でOKが出るまでは薬の塗をやめてはいけません。

 

受診する科は女性は婦人科または性病科、男性は泌尿器科または性病科となります。

 

費用は診察料が約3000円から5000円、検査代が約3000円から5000円ほどかかり、さらに薬代が別途かかります。

 

 

カンジダ中のお風呂

みなさんは、カンジダ中のお風呂って、どうやって洗っていますか?
病院に通院している人は、お湯洗いを勧められることが多いと思いますが、それ以外にも、カンジダ専用の石鹸や洗浄剤をもらうこともありますよね。
私はカンジダ専用の石鹸や洗浄剤を使っていました。
市販の石鹸やボディーソープだと、カンジダの症状が悪化することもありますので、治療中は使用をしない方が良い場合もあります。
特にすすぎ残しなどがあったり、膣の中までゴシゴシと洗ってしまうと、余計に痒みが酷くなることが多いです。
私は最初の時に、あんまり痒くて、石鹸やボディーソープでゴシゴシと洗ってしまったんですが、翌日から余計におりものの量が増えて、痒みが悪化!
急いで病院に行ったら、やっぱりカンジダ膣炎が悪化して、しばらく市販の石鹸やボディーソープは使わない方が良いと言われました。
もしも市販の石鹸を使うのであれば、薬用とか、成分がシンプルな物の方が良いみたいです。
また、カンジダ中にプールなどに入ると雑菌の存在が気になります。
プールってかなり雑菌が多いので、カンジダ中に入ることはあんまり良くないと言われています。
夏などはプールに入るチャンスが多くなるので気を付けましょう。

 

 

マリンスポーツはカンジダの天敵

夏になるとカンジダの人が気になるのがプールなどのマリンスポーツへの参加です。
特にプールは塩素で消毒されてはいますが、基本的に雑菌まみれと言われており、カンジダの時に入ることによって、症状が悪化する可能性があります。
また、カンジダは種類や治療方法によって、完治までにかかる時間が異なります。
やはり一番早く治すのであれば、病院が一番です。
一方、自然治癒で放置する場合、途中の症状の悪化や再発で厄介なことになる可能性があります。
それだけに、自然放置の場合は、悪くなる可能性も視野に入れておかないといけません。
病院の場合は、医師がちゃんと検査して、完治まで面倒みてくれるので、しっかりと短期で治すことが出来ます。
でも、カンジダの治療は、短期と言っても、1日や2日では治りません!
通常は、完全にカンジダ菌が収まるまでは1週間~10日くらいかかると言われています。
自然治癒の場合は、1カ月以上かかることもありますので、長期化してしまう可能性があります。
お金はかからないけど、治療期間が長くなるので、人によっては、不快な症状が何時間も続くくらいだったら、早めに病院で治してしまったほうが気分も楽だと思います。
カンジダがずっと続くと、それだけストレスにもなりやすいです。

 

 

おりものシートなどがカンジダの原因へ

カンジダ中におりものシートや生理用のナプキンを長時間交換しないと、雑菌が繁殖してしまい、余計にカンジダの症状が悪くなると言われています。
それだけに、雑菌を繁殖させないためには、やっぱりカンジダ中はいつもよりもこまめにナプキンやおりものシートを交換する方が理想的です。
でも、恋人からカンジダをうつされてしまいことっていうのは、結構ありますけどね。
ただそれが他の女性との浮気から感染したとわかったら、やっぱり嫌なものですよね。
女性は男性の浮気を許せる人と許せない人がいます。
結婚すれば、子供もいたりするので、ちょっとのことでは別れるのは難しいですが。
やっぱり独身だったり、結婚していても子供がいない場合であれば、浮気相手からのカンジダの感染が原因で、別れることになってしまっても、仕方ないんじゃないのかなって思います。
カンジダ自体はそれほど気にならなくても、やっぱり女性との浮気問題の方が大きいですよね。
ただ、私の場合は、浮気でも、風俗とかの場合であれば、良いんじゃないのかなって思ってしまうタイプです。
やはりお金でプロにお世話になっているというのは、決して良いとは思いませんが、まだ納得が出来ますからね。
やっぱり一般女性との浮気からカンジダに感染する方がもっと嫌です。