ロテュリミン

おりもの異常を起こす病気!カンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は、性行為に関係なくおこる感染症です。外陰部と膣内に強いかゆみを感じます。

 

おりものに異常がみられるのも、特徴です。おりものが白くヨーグルトのような状態になり、小さな粒状のかすのようなものが混じった状態になります。

 

症状がひどくなると、かゆみが強くなり、おりものの量も多くなってきます。カンジダ菌はカビの一種で、体内に元々あるものです。

 

ストレスや疲れなどの免疫力の低下や、抗生剤を服用した時などに発症しやすくなります。

 

一度発症すると、体質によっては、何度も再発を繰り返すことがあります。

 

カンジダ膣炎を発症した場合は、産婦人科を受診し、膣洗浄を行い、抗真菌薬の膣剤を膣の中に入れる治療を行います。

 

外陰部のかゆみには軟膏やクリームが処方されます。再発の場合は、膣カンジダ錠の市販薬も販売されているので、自分で治す方法もあります。

 

カンジダ膣炎の予防方としては、ストレスや疲れを溜めず、栄養バランスの良い食事をとることが大切です。

 

カンジダ菌は温度や湿度が高いと繁殖しやすいので、通気性の良い下着をつけ、清潔感を保つことなども必要です。

 

清潔感を保つために、陰部を洗いすぎると、膣内の自浄作用の働きが落ち、再発しやすくなるので、注意が必要です。

 

性器カンジダの予防

 

性器カンジダの予防のためには、免疫力が低下しにくいライフスタイルを保つことが重要になります。

 

性器カンジダは、体調不良やストレス、過労、ホルモンバランスの変化などによる免疫力の低下、抗生物質やステロイド剤の使用による菌のバランスが乱れて繁殖、通気性の悪い服の着用による繁殖などにより引き起こされます。

 

免疫力の低下を引き起こさないようにするために、十分な睡眠時間と質の良い睡眠を心がけ、食事も栄養バランスを考えて食べるようにします。

 

また、適度な運動を習慣化することも大切です。

 

健康的な生活を送ることで、体調不良や過労になることを防ぐことがカンジダ予防につながります。

 

あわせて、菌が繁殖しにくい環境を作ることも重要です。衣類は通気性の良い物を選ぶようにし、下着は綿100%などの通気性のよいタイプを選ぶようにします。

 

女性の場合は、ナプキンやおりものシートなどの生理用品を使う際には、こまめに取り換え、繁殖しやすい環境にならないように注意します。

 

カンジダは、性行為による感染率は低いですが、発症している時の性交渉は控えるようにします。

 

他の性病予防のためにも、性交渉を行う際にはコンドームを着用して行うようにします。

 

 

タンポンの長時間利用はカンジダより危険

タンポンを長時間利用すると、黄色ブドウ球菌のような雑菌が異常繁殖して、トキシックショック症候群なんかになりやすいので注意です。
黄色ブドウ球菌もカンジダも雑菌ですが、異常繁殖すると体に害が出てくるのは共通しています。
やはりカンジダや黄色ブドウ球菌のような雑菌は、気を付けていればそう簡単にはならないので、毎日の生活習慣をちゃんとすることが大事ですね。
カンジダになってしまうと、やっぱり治療も大変ですが、再発にも気を付けないといけません。
特に女性はカンジダの再発が多いだけに、男性よりも注意が必要です。
女性はちょっと体調を崩したり、風邪を引いてしまうと、それだけ免疫力が低下してしまい、カンジダになりやすくなってしまいますね。
まあ、病院へ行けば、簡単に治すことも出来ますが、カンジダの通院って結構回数が多く、女性の場合は、バカにならない金額になってしまうことが多いです。
多くの場合、病院の治療費はそれぞれ違いますので、1回につき1500円~5000円くらいかかります。
たった1回の通院だったら、それほどの金額ではありませんが、毎日1週間くらい通い続けた場合は、1万円前後の治療になってしまうの可能性ががあるのでかなり高いですよね。

 

 

カンジダ菌が繁殖するのは免疫力が低下している時

カンジダ菌のような雑菌が繁殖しやすいのは、免疫力が低下している時だと言われています。
そのため、風邪や体調不良、疲労が溜まった時ほどカンジダなどの雑菌が増殖してしまいます。
そして、カンジダダイエットのことを、新手のダイエットだと勘違いしている人がいますが、カンジダダイエットは体重を落とすためのダイエット方法ではありません。
カンジダダイエットで軽減するのは、『カンジダ菌のエサとなる糖分』です。
カンジダ菌は糖分を好むため、ひどいカンジダでなかなか治らない人や、カンジダの再発で悩んでいる人は、あまりカンジダのエサとなる糖分を摂取しない方が良いと言われています。
でも、食生活っていうのは、なかなか変えられない部分もあり、食生活が変わらないと、やはりそれだけカンジダになりやすい体質になってしまいます。
カンジダダイエットでは、そうしたカンジダになりやすい体質を変えるために、糖分の過剰摂取予防を目指しています。
特に炭水化物が好きな人は、まずは炭水化物の量を調整するべきです。
毎日丼で食べているような人は、まずはお茶碗に戻して量を減らしたり、お代わりの回数を減らすことから少しずつ始めてみると良いと思います。