ロテュリミン

男性のカンジダは性行為による感染が多い

男性のカンジダの場合、原因が性行為になることが多いですね。
女性は自然とカンジダになってしまうことが原因ですが、男性の場合は性行為が圧倒的です。
そして、カンジダになった場合、プールや海のレジャーをどうするか悩んでしまいますよね。
カンジダはプールや海では、空気感染とか水を介しての感染はないので、行くこと自体に特に問題はありません。
やはり問題になるのは、濡れた水着で長時間過ごすことですね。
カンジダっていうのは、湿気がある場所を好み、乾燥を嫌う特徴があります。
そのため、濡れた水着を長時間着用するというのは、それだけカンジダ菌が繁殖しやすくなる環境なので、カンジダに既に感染している人にとっては避けたい状況です。
病院に通っている人なんかは、医師からプールや海は控えるように言われることもあると思います。
特に治療中の人は、せっかく治療しているのですから、わざわざカンジダが悪化しそうな場所に行く必要もないですからね。
カンジダの悪化が気になってしまう人は、やっぱりプールや海は諦めた方が無難だと思います。
しっかり完治させないと、やっぱりカンジダは再発のリスクもありますからね。
再発は癖になるので、予防するのが大事です。

 

 

 

カンジダになる本当の原因

カンジダの原因の一つとして性行為が挙げられます。
でも、性行為は男性のカンジダ原因に多いので、女性がカンジダになる理由と少し違います。
そして、カンジダの再発が多い人と、稀にカンジダになってしまう人では、カンジダになる本当の原因が違います。
カンジダ再発者の場合、食事や生活習慣に問題があり、カンジダになりやすい体質になっていることが問題です。
一方、稀にカンジダになってしま人は、体調の問題で免疫力が低下している時にたまたまなってしまうケースが多いので、生活習慣自体に問題があるというわけではないのです。
つまり、カンジダの再発者っていうのは、単純に免疫力が低下しているからなるのではなく、生活習慣自体に問題があるということです。
これは生活習慣病として有名な糖尿病にカンジダの再発者が多いということからも、はっきりしています。
そのため、カンジダ再発者は、カンジダダイエットで糖分を控えるなど、食事制限も含めた治療方法を検討していかないと、なかなか改善できないと思います。
まずは食事を見直してみることが大事だと思います。
炭水化物の食べ過ぎなどは要注意ですね。
フルーツやジュースなども、糖分が多い物は出来るだけ控えましょう。

 

 

カンジダ中に性行為は禁止

カンジダ中に性行為をすると感染の原因になってしまうので、カンジダ中の性行為は基本的にしない方が安全です。
性行為以外にもカンジダになってしまう原因は色々とありますが、男性の場合は、性行為からの感染が多いので気を付けましょう。
そして、市販の石鹸やボディーソープって、普段は美容成分が多いとか、保湿効果に優れているとかを重視して選んでいることが多いですが。
カンジダになった場合は、美容成分や保湿成分が入っていない、シンプルな石鹸やボディーソープを選んだ方が安心です。
美容成分がてんこ盛り状態の石鹸やボディーソープは、カンジダ患部につかってしまうと、最悪の場合、痒みがひどくなって、おりものがもっと多く出るようになったり、症状が悪化しやすいのです。
そのため、カンジダの時には、純石鹸や薬用石鹸の方が安心ですね。
でも、もっと安心なのは、カンジダ専用の石鹸や洗浄剤。
あまり売っているのを見ないと思いますが、病院などで相談すればカンジダ専用の石鹸や洗浄剤を処方してくれます。
また、ネットの通販などでも、カンジダ専用の石鹸や洗浄剤はよく見かけますね。
近所の薬局などで見つからない場合は、是非一度カンジダ専用の石鹸や洗浄剤を試してほしいです。

 

 

コンドームでも100%防げないカンジダ

男性のカンジダはコンドームを使えば性行為をしてもカンジダ感染の原因になりにくい!
しかし、女性のカンジダの場合は、コンドームを使ってもカンジダが感染する原因になってしまうので、そもそも性行為をすること自体が危険です!
そして、女性が膣カンジダになってしまった場合、よくあるのが肛門にまでカンジダが広がるケースです。
膣カンジダになってしまうと、やっぱりおりものと一緒にカンジダ菌がどんどん出てくるので、放っておくと、カンジダ菌が肛門周辺まで広がりやすいと言われています。
そのため、膣カンジダ中に肛門に激しい痒みを感じるようになった場合、肛門カンジダにもなっている可能性が高くなります。
膣カンジダは有名だけど、あんまり肛門カンジダまで知っている人っていないですよね。
肛門にまでカンジダが広がるのは、やっぱりおりものの影響が大きいと思います。
おりもの量が増えてしあみ、下着がじゅくじゅくと湿っぽい状態になると、陰部と近い位置にある肛門までやはり影響が出てきます。
ただし、肛門カンジダと切れ痔の痒みはちょっと似ているので、切れ痔の可能性もあるかもしれませんけどね。
まあ、切れ痔の場合は、大体排便の時に出血をするので、それが違いですね。

 

 

性行為が原因の男性カンジダ

男性がカンジダになってしまうのは性行為が原因と言われています。
カンジダを発症した女性との性行為が原因なので、性行為をしなければそもそもカンジダになる可能性は、女性よりもかなり低いのです。
そして、海外のプールや海の旅行がある人の場合、行こうかどうか、直前まで悩みますよね~。
カンジダがある程度完治しているのであれば良いですが。
やっぱりまだまだカンジダ治療中の時に、海外のプールや海となると、やっぱり考えてしまいます。
プールや海で濡れた水着の状態で過ごすことで、カンジダの症状が悪化しやすい可能性もありますが。
やはり海外旅行というのは、環境が変わり、免疫力も低下してしまい、体調不良になってしまう人もいますので、治療中の海外旅行自体が負担が大きい可能性があります。
また、海外旅行先で症状が悪化した場合、現地の病院を気軽に頼ることが出来ないのが辛いのものです!
通常、海外旅行となると、長期になるケースも多く、海外で長時間滞在してれば、当然現地で悪化することも考えられます。
自分がどんなにきつくなっても、やはりカンジダで現地の病院を頼るっていうのは、なかなかできないと思います。
それだからこそ、海外旅行の時には注意が必要です。