MENU

ロテュリミン

カンジダは性病?

 

女性が発症することが多いカンジダ症なのですが、このカンジダ症は性病とは異なります。

 

性病のウイルスなどに感染性して発症するわけではないので、性病とは一切関係がありません。

 

カンジダ症は、誰もが体内に持っているカンジダ菌が原因となって発症している病気でなんですよ。

 

この菌がなんらかの事が原因となって異常に増殖してしまい、身体に異変を引き起こしてしまうんですよ。 この真菌には水虫やインキンといったものも含まれます。

 

カンジダ症の代表的な症状は、外陰部のかゆみ、もしくはおりものがヨーグルトのようにドロドロとしてきます。 これらのような症状は比較的簡単にその症状に気付くことができますので普段からしっかりとチェックしておくようにしましょう。

 

カンジダ菌が自分以外の人から感染し、発症するということは非常に稀です。 最も多いのは、身体に本来いるカンジダ菌が、抵抗力の低下や抗生物質の服用によって大幅に増加してしまうことで発症することです。

 

抵抗力が低下しておらず、カンジダ菌の増殖を促す原因がなければ問題はありませんが、風邪をひきやすい方などは普段からカンジダ菌の増殖を防ぐことができるように体調管理には気をつけておきましょう。

 

 

カンジダの症状がずっと治らない原因は2つ

カンジダの症状がずっと治らない人に考えられる原因が2つあります。
まず一つ目は、『カンジダに有効な薬を使っていない可能性』。
実はカンジダに効果があると言われている抗真菌薬には、色々な種類があります。
水虫のような白癬菌にだけ効果がある抗真菌薬もあれば、歯癖菌にもカンジダ菌にも効果がある抗真菌薬もあります。
そのため、間違ったネットの情報などを鵜呑みにして、白癬菌にしか効果がない水虫用の抗真菌薬を、カンジダに代用した場合など、当然カンジダ菌には効果がないので、ずっと治らないのも当然です。
カンジダを完治させたい時には、カンジダアルビカンス対応の抗真菌薬が必要です。
そして、2つ目の原因は、『カンジダではない別の病気の可能性』があります。
素人判断でカンジダだと思っていても、実際はカンジダではなく、他の病気なので、ずっと治らないという可能性があるのです。
特にこれは、カンジダ膣炎なんかによくあることで、トリコモナス膣炎や細菌性膣炎と間違っているケースがよくあります。
どれも初期症状が似ているので、素人目では区別がつきにくいのが特徴です。
そのため、まずは病院は『原因の特定』をすることが非常に大事になってきます。

 

 

カンジダ膣炎がずっと治らない人の特徴

市販薬を使っても、カンジダ膣炎がずっと治らない人は、トリコモナス膣炎や細菌性膣炎の可能性を疑ってみる必要があります。
婦人科へ行くっていうのは、診察の不安があるので、やっぱり行きたくない人は多いと思います。
でも、カンジダがずっと治らない場合は、やはりカンジダではなく他の病気が考えられますので、早めに病院で原因を特定してもらうことが重要になってきます。
特に細菌性膣炎などは、放っておくと、不妊の原因にもなると指摘をされています。
妊娠中の人の場合は、細菌性膣炎になると、流産や早産の危険性が高まり、非常に危険だと言われています。
妊娠中は、妊婦健診で早めに気づいてもらえますが、婦人科に行くことを躊躇いがちな一般女性の場合は、そのまま放置して治そうとする人が多く、一つ判断を間違えると将来後悔をしかねないことになります。
子供が欲しいと思っている人は、特に不妊原因ともなってしまう細菌性膣炎などには注意をしないといけません。
ずっと治らないと感じているのであれば、そのままにしないで、早めに病院で診察をつけて、適切な治療を受けることをおススメします。
1カ月以上、市販薬で様子を見てもずっと治らないのであれば、やはり病院治療へ切り替えるべきです。

 

 

妊活や不妊治療で後悔しないためにカンジダは早めに治そう!

市販薬でカンジダ治療をしているのにずっと治らない場合、やはり素人判断ではなく、医師の診察を受けることをおススメします。
今は市販でもカンジダ薬ってすごく沢山売っていますが、市販薬を使ってもずっと治らない場合は、やっぱりそのまま治療を続けても、効果がない可能性があります。
カンジダ治療は、一般的に2~4週間もあれば、市販薬でも十分完治が可能です。
逆に1カ月以上経っても、カンジダがずっと治らないのであれば、使っている薬が間違っていたり、そもそもカンジダではない可能性も考えられます。
一番厄介なのは、カンジダではない場合。
1カ月近くも間違った薬を使って放置していたことによって、症状が悪化している可能性が考えられます。
そうした場合、早く病院で原因を調べてもらい、しっかり処置してもらわないといけません。
間違った素人判断が、症状を悪化させますので、やはり気を付けないといけません。
長引く場合は、医師にしっかり相談して、原因を確かめることが解決の近道です。
細菌性膣炎などの場合は、女性にとって、不妊の原因にも発展する可能性がありますので、放置しておいてよいものではありません。
将来妊活や不妊治療で後悔しないためにも、やっぱり病院へ行くことは大事です。

 

 

カンジタ (男性) ロテュリミン AFは12グラム入りで6800円です。

 

少々お高めと思うかもしれませんが
是非その効果を実感してみてくださいね。

 

男のサイズに関するコンプレックスに!L-GHRはペニス増大サプリ!

 

自分のペニスはひとより小さいのではないかというコンプレックスを解消できるかもしれません!

 

自分のもののサイズのせいで恋愛に対して臆病になってしまってる、恋人がいるけどいまいち自信がもてない、積極的になれない、そんな方もいると思います。コンプレックスとはそういうものでしょう。

 

ペニスを大きくするサプリがあります。L-GHRというものです。
ちょっとお高いサプリメントですが、効果が実感できるもののようで、人気の高い商品です。

 

内容は成長ホルモンの分泌を促すアルギニンやオルニチン、各種ビタミン、セックスミネラルと呼ばれる亜鉛はもちろん、精力剤にはかかせないスッポン末など。

 

血流を促し、精力を高め、ペニスに栄養を送るためのサプリメントです。

 

大きさに関して劇的な変化はあるかどうかわかりません。成分はすべて安全なビタミン等ですから、何センチも伸びるとか一回りふた周り大きくなるなんてことはないと思います。

 

しかし下半身に漲る感覚を体験すれば、自分に自信が持てるはず。大きさだけが全てじゃないって分かってる、でも自分の武器はなんだか物足りない。そんな方に使って欲しいサプリメントです。

 

国内産で安心、ペニスだけではなく、体全体のコンディションを整えるためのサプリメントとしても使えるから、気軽な気持ちでどうぞ!