ロテュリミン

亀頭包皮炎を予防するにはどうする?

 

亀頭包皮炎というのは、包皮と亀頭の間に汚れが溜まってしまい、細菌が繁殖してしまいます。

 

その結果炎症を起こすようになってしまうのです。

 

尿を出す時に染みてしまったり、炎症が酷くなってりまうと膿が出るようになります。

 

この亀頭包皮炎は、まだおむつをしている乳幼児に多く発症します。

 

幼児や小児というのは、砂遊びなどして汚れた手で亀頭部分に触れるなどして、亀頭部分に雑菌が増殖しやすくなってしまうのです。

 

その結果亀頭包皮炎を発症してしまうようになるのです。

 

赤ちゃんの場合は尿を出す時に痛みを感じますので、排尿時に泣くようになります。

 

亀頭包皮炎は亀頭部分の雑菌が増殖することで発症しますので、雑菌が亀頭部分に増殖してしまうのであればそれは全て亀頭包皮炎の原因となる可能性があります。

 

この亀頭包皮炎を予防するためには、なによりも亀頭部分を清潔にすることが重要なのです。

 

入浴時には亀頭部分を少しだけ剥いて、洗浄するようにしましょう。

 

亀頭部分を洗浄することによって、雑菌の増殖を抑えることができるようになります。

 

雑菌の増殖を防ぐことができれば、亀頭包皮炎を予防することもできますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

 

亀頭包皮炎を予防するために亀頭部分の洗浄をしっかりと行うようにしましょう。

 

性器カンジダの感染

 

カンジダ症は、もともと体内に常在してる常在菌であるカンジダ菌が原因になって起こる性病の一つです。

 

クラミジアやヘルペスなどのほかの性感染症とは異なり、セックスの経験がなくてもあるいはセックスをしたわけではなくても症状が出ることがあります。

 

体の免疫力が低下したり、疲労やストレスが溜まっている時などになりやすく、男性はほとんど症状が出ないことが多いですが、女性は外陰部にかゆみを感じたりおりものが増加したりカッテージチーズのような形状になったりもします。

 

ただ、セックスを行って感染することも考えられるので、自分や相手に症状が出ている場合には治療が終わるまでセックスをしないようにするのが望ましいでしょう。

 

治療や抗真菌剤の膣錠を中に入れたり、かゆみ止めの軟膏などを使用して治療していきますが、人によっては非常に再発しやすいこともあるので、日頃から性器周辺を清潔にしたり、下着をこまめに替えたりするなどで予防することもできます。

 

女性の場合、きつめの下着やガードルなどを常に身に着けることでカンジダ菌が繁殖しやすい環境を作っていることも考えられますので、通気性の良いコットン素材のゆったりした下着を身に着けるようにしましょう。