ロテュリミン

亀頭包皮炎を予防するにはどうする?

亀頭包皮炎というのは、包皮と亀頭の間に汚れが溜まってしまい、細菌が繁殖してしまいます。
その結果炎症を起こすようになってしまうのです。

 

尿を出す時に染みてしまったり、炎症が酷くなってりまうと膿が出るようになります。
この亀頭包皮炎は、まだおむつをしている乳幼児に多く発症します。

 

幼児や小児というのは、砂遊びなどして汚れた手で亀頭部分に触れるなどして、亀頭部分に雑菌が増殖しやすくなってしまうのです。
その結果亀頭包皮炎を発症してしまうようになるのです。

 

赤ちゃんの場合は尿を出す時に痛みを感じますので、排尿時に泣くようになります。
亀頭包皮炎は亀頭部分の雑菌が増殖することで発症しますので、雑菌が亀頭部分に増殖してしまうのであればそれは全て亀頭包皮炎の原因となる可能性があります。

 

この亀頭包皮炎を予防するためには、なによりも亀頭部分を清潔にすることが重要なのです。
入浴時には亀頭部分を少しだけ剥いて、洗浄するようにしましょう。

 

亀頭部分を洗浄することによって、雑菌の増殖を抑えることができるようになります。
雑菌の増殖を防ぐことができれば、亀頭包皮炎を予防することもできますので、しっかりと覚えておいてくださいね。
亀頭包皮炎を予防するために亀頭部分の洗浄をしっかりと行うようにしましょう。