ロテュリミン

亀頭包皮炎とカンジダ性亀頭包皮炎

亀頭包皮炎というのはカンジダ性のものもあります。
疲労やストレスなどが原因となってカビの一種であるカンジダ菌が亀頭部分に炎症を起こしてしまっているのです。

 

カンジダ性による亀頭包皮炎というのは抗真菌剤の軟膏を塗ることによって治療を行います。
カンジダというと性病であると思われている方も多いようですが、亀頭包皮炎というのは性病ではありません。

 

軟膏はステロイドが入っているものは包皮を縮める作用があります。
そのため、包茎治療にも効果的だと考えられています。
ステロイドが含まれている軟膏にはリンデロン軟膏というものがあります。

 

ただし、ステロイド薬は多く塗りすぎてしまうと副作用を起こす可能性もあります。
そのため、治療が長期に渡る場合にはリンデロンの使用量をしっかりと調節するようにしましょう。

 

リンデロン軟膏というのはドラッグストアなどでは手軽に購入することはできません。
そのため、病院で処方してもらうのが基本になります。

 

ゲンタシン軟膏も皮膚の炎症を抑える効果があり、殺菌作用もありますよ。
治療効果は高いのですが、長期的に使用することによって効果が薄れてしまいます。
そのため、使用量についてはしっかりと注意しておくようにしましょうね。

 

ゲンタシンは非ステロイドなのですが、抗生物質ですので多用してしまうと少しずつ効きにくくなってしまいます。