ロテュリミン

病院に行かずにカンジタを治すなら!カンジタ(男性)完治セット

カンジタは女性の発症数が多い症状として知られていますが、男性が感染することもある症状のひとつです。

 

女性の発症数が多い理由には、女性器は外気に触れることがなく菌が繁殖しやすい状態にあるためです。

 

一方、男性器は常に外気に触れているため菌が繁殖しにくく、その分カンジタも発症しにくい状態になっています。

 

ただ男性であっても、男性器を清潔にしていない場合や免疫力が弱まっている場合などには、カンジタに感染し亀頭包皮炎を発症してしまうことがあります。

 

カンジタ性亀頭包皮炎の特徴としては、白いカスが付着したり痒みが出たり、ペニスが赤くなったりすることが挙げられます。

 

治療は難しいものではなく、軟膏を塗るだけで症状を抑えることができます。

 

しかし軟膏を貰うためには医師の診察が必要となり、患部の診察を受けることが求められます。

 

男性の場合カンジタにかかると皮膚科や泌尿器科、性病科に行くのが一般的ですが、診察を受けるとなると気が重くなり足を運べない方も多い現実があります。

 

現在カンジタの治療は、病院で処方してもらう薬でないと完治しないと言う訳ではありません。

 

例えば、カンジタ(男性)完治セットをネットで購入すれば、処方箋なしでも自宅でカンジタを治療することができます。

 

病院で治療するよりも料金も手頃、また中身がわからない状態で届けられるのでプライバシーだって守られます。

 

カンジタは早めに薬を使用して症状を抑えることが大切ですので、男性でカンジタの症状を抱えている方はカンジタ(男性)完治セットでしっかり治療することをお勧めします。

 

 

性器カンジダの検査

 

性器カンジダは女性も男性も発症する可能性のある病気です。

 

性行為によっても感染しますが、カンジダ菌は常に体に存在している菌なので風邪や疲労、ストレスなどによっても引き起こされます。

 

また、カンジダ菌は真菌というカビの一種によって引き起こされるので湿気のある場所を好み性器の構造上男性よりも女性になりやすい病気と言えます。

 

カンジダ症の検査の方法は女性の場合外陰部、膣の症状を調べて菌の判定を行います。

 

男性の場合は亀頭周辺の菌を綿棒で取り菌の判定を行います。女性の場合は婦人科で、男性の場合は泌尿器科で検査をする事ができます。

 

しかし、病院で調べると保険証を使用するので受診歴が残ってしまい家族に病気の事を知られてしまう事もあります。

 

家族に知られたくなかったり病院へ行く時間が取れないという方には匿名で郵送検査をする事もできます。

 

自宅で採取して郵送で送るだけで病気に感染しているか調べることができます。

 

結果がインターネットで確認する事が出来るため家族に知られることなく、病院へ行かなくても感染しているか調べることができます。

 

病院と変わらない精度で調べる事ができ、カンジダだけでなくクラミジアや淋病などの病気の判定も可能です。