ロテュリミン

カンジダになったことがあります

 

真菌ってカビの一種なんですね。

 

以前、カンジダ真菌と診断されたことがあったので、そのことをふと思い出しました。

 

真菌って人のからだのあちこちにいるらしいんです。

 

それがなんらかの原因で増殖したことによって体の異変がおきるんだそうですよ。

 

私の場合、カンジダ真菌が膣内で増殖して炎症を引き起こしたり、かゆみに悩まされたりしたんです。

 

 

自分の体の中にカビがあったのかと思うと、なんだかちょっと怖いですね。

 

というか、今でもあるんでしょうけど。

 

体中に真菌が存在しているって言われているぐらいですから、膣カンジダだけに気をつければいいってものでもないんですよね。

 

他にも体に異変が起きるかも知れないですし。

 

確か口の中にもカンジダ真菌がいるんじゃなかったでしたっけ?

 

見えないものだから余計に怖いですよねぇ。

 

カンジダの場合は、抵抗力が弱まったときに感染しやすいと聞きました。

 

だから、疲れがどっとたまっていたり、ストレスをかなり感じているときなんかになりやすいんだそうです。

 

言われてみれば、私もそんな時にカンジダになったような気がします。

 

カンジダ真菌はカビだよ!なんて聞くと不安にもうかもしれませんけど、けっこう誰でもなっちゃうみたいなので、そんなに気にしなくても大丈夫そうですよ。

 

真菌による気になる症状

 

身近な感染症として水虫というものがあります。
この水虫というのは清潔にしていなければ感染をしてしまう、というイメージもあります。
しかし、必ずしもそうではありません。

 

毎日しっかりと入浴をしていたとしても、予防をしていなければ感染をしてしまうリスクはあります。
浴室や脱衣所のマットについても同じです。

 

素足で使用することが多いものというのは、真菌を含む菌類が増えやすいのです。
その結果、感染源になってしまうのです。

 

感染をしてから1日過ごしていると、皮膚の奥に菌は隠れて、結果的に洗い流すことができずに発症してしまうようになるのです。
このような時というのは日常生活において非常に多くあるものです。

 

水虫というのは皮膚に触れたとしてもすぐに発症するものではありません。
一定期間潜伏をしてから症状として出るようになります。

 

つまり、気がつかないうちに皮がむけて、次第に痒みに発展していくこともあります。
その過程においてしっかりと対策する、ということが重要になるのです。

 

皮膚に触れている状態で洗い流す、ということがこの菌の増殖を抑制するうえで重要になるのです。
足の裏というのはたくさんのものに触れますので、水虫の増殖する時期というのは足を頻繁に洗うように心がけましょう。

 

 

顔カビって?

 

顔カビによって顔に痒みを感じることがあります。

 

この顔カビが原因で顔がかゆいのは、顔カビが増殖し過ぎてしまっているからです。

 

では、この顔カビを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。

 

まず、タオルは清潔にしておくようにしましょう。

 

フェイスタオルやバスタオルのように顔を拭く時に使用するものは常に清潔にしておくようにしましょう。
その他にも枕カバーのようなつい見落としがちな部分もこまめに洗濯するようにして清潔な状態を維持するようにしましょう。

 

また、必要以上に保湿や殺菌をしない、ということも重要です。

 

過剰に保湿をしてしまうと顔カビが好んでいる湿度を作り上げてしまうことにもなります。

 

また、殺菌し過ぎてしまうと肌のバランスを維持する時に必要不可欠なカビを殺してしまうことにもなりかねません。

 

強い殺菌剤によってお肌に強い刺激を与えてしまい、さらにバリア機能を低下させ過ぎてしまうことがないようにしなければなりませんよ。

 

顔に使用するものは清潔にする、ということはパフも清潔にしておかなければなりません。

 

ファンデーションのパフは、ファンデーションを使い終わるまでパフも同じものを使用してしまうものです。

 

しかし、ファンデーションのパフはカビが繁殖しやすいですので注意しなければなりません。