ロテュリミン

カンジダ性亀頭包皮炎の典型的な悪化パターン解説と自宅で治せる治療薬

 

これはひどいカンジダ性亀頭包皮炎に悩む、ある架空の男性をモデルに、どうしてこの男性のカンジダ性亀頭包皮炎がひどくなってしまったのかを振り返る形で、皆さんに同じ過ちを犯すことがないよう注意喚起するものです。

 

どんなものにも必ず段階というものがあります。はじめはたいしたことないと思ってる、だんだんしつこいな、なんかおかしいのかなと思う、そしてこれは病院行かなきゃダメだと思う。

 

カンジダ性亀頭包皮炎であれば相当ひどくなるまで放っておかない限り、自宅でこっそり治すことができます。ここでは、そのためのお薬もご紹介します。ネット通販で購入できるものです。

 

もし、カンジダ性亀頭包皮炎で悩んでいる方がこのページをご覧になっているのであれば、自分は今どの段階なのかを客観的に確認し、モデルの男性のように悪化する方法を辿らず、すぐに治療に移ることをおすすめします。

 

ペニスの痒みとセックスの因果関係

 

カンジダがひどいことになっている。

 

カンジダ性亀頭包皮炎がもうけっこう取返しのつかないレベルに来ているような気がする。

 

どうしてそんなことになってしまったのだろうか。

 

心当たりがあるとすれば、ここ最近のセックスだ。

 

いつもならコンドームは絶対にする派だが、彼女が生理痛の軽減のためピルを飲み始めてから、避妊せずにことに及ぶことが増えた。

 

理屈の上ではピルの避妊率はほぼ100%だけど、こういうのは節度の問題で、デキなければ生で良いという訳でもないと思っていた。

 

でもピルを飲んでいるという安心感に抗えないことは何度もあったし、実際、それまでとは違う快感を楽しんでもいた。

 

後悔したのは、ペニスの異変が起きてからだった。このときはまだカンジダ性亀頭包皮炎なんてものは知らなかった。

 

セックスのあとそのまま寝てしまって、起きたときにはもう昼でなんてことは何度かありそんなことを繰り返すうちにいつのまにかペニスが痒くなることが多くなっていた。

 

カンジダ悪化ポイントの解説

生でセックスをしたあと、ペニスを洗わなかった。
それを何度か繰り返した。
男性がカンジダ菌に濃厚接触する機会として一番可能性が高いのが、セックスのときです。

 

女性の膣の中にはカンジダ菌が常在していますし、ときにはカンジダ菌の量が増えていることもありますので、避妊具を使用しなければ、亀頭に大量のカンジダが付着する可能性があります。

 

カンジダ菌は真菌(カビ)ですので、乾燥状態であれば繁殖しにくいですが、セックス後、ペニスを洗浄せずに寝てしまったのであれば、その際に繁殖してしまったのかもしれません。

 

 

 

痒みが出てから清潔を心がけたけど…

セックスのすぐあとにペニスが痒くなるのであれば、すぐに洗う気になったり、危機感を抱いたりすることもあるだろうけど、ペニスが痒くなったのは、セックスの直後という訳でもなかった。

 

痒いときは丁寧に洗うように心がけたし、その度に痒みが軽減したり、完全になくなったりもしたので、たいしたことはないと思っていた。

 

このときにもまだ、カンジダ性亀頭包皮炎という名前も知らなかった。

 

だけどペニスが痒くなるのは問題だし、できるだけコンドームもつけ、セックス後はしっかり洗うようにもした。

 

行為後、一緒にシャワーを浴びるのも良いものだ。ペニスの痒みのことも含め彼女と話し合ってそういう習慣にしよう、もう、すぐに眠ってしまうのはやめようという話をした。

 

お互いの性器に泡を擦り付けあった。体を洗い合うのは楽しかった。これも間違っていた。

 

カンジダ悪化ポイントの解説

石鹸を使って性器を洗った。
通常、私たちの体内だけでなく皮膚上にもたくさんの菌が生活しています。

 

普通の石鹸は細菌を洗い流すことはできるのですが、カンジダ菌を洗い流すことはできません。

 

石鹸を使えば使う程、皮膚上の細菌バランスが崩れ、カンジダ菌だけが支配的になりますから、繁殖に拍車をかける要因になります。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎と包茎の関係

ペニスが痒い日が続いた。

 

ネットで「ペニス 痒い」「ちんこ 痒い」「亀頭 赤み」「チンカス 性病」などと、思いつく限りの検索をしていくと、「カンジダ性亀頭包皮炎」という病名に行きつくのは簡単だった。

 

白いカスが出るという特徴的な症状を照らし合わせてみても、細菌性ではなくカンジダ性亀頭包皮炎だろう。

 

カンジダとは真菌(カビ)の一種で、皮膚上や口の中などに普通に存在する常在菌らしい。

 

普段カンジダ菌が害になることはないらしいが、何らかの理由でカンジダ菌が増えるようなことがあると、炎症を起こすこともあるという。

 

カンジダ菌は女性の膣の中にも多く存在する菌で、抗生物質の使用や抵抗力の低下、ストレスなどをきっかけにカンジダ菌が繁殖しカンジダ膣炎に悩まされている人は多い。男性にも稀にカンジダ症が発症する。

 

包茎の人がなりやすいらしい。

 

伏せていたが、私は仮性包茎だ。

 

そしてこのとき、石鹸でペニスを洗うのは間違いだったことにも気づいた。

 

カンジダ悪化ポイント解説

包茎だった。
包茎の人は、亀頭が皮膚で覆われている分乾燥状態になりにくく、カビの一種であるカンジダ菌が繁殖しやすいです。

 

カンジダ菌に濃厚接触したあと、ジメジメと湿ったまま放置されてしまう原因に包茎は大きく関わります。

 

カンジダは自然治癒するのか

カンジダ性亀頭包皮炎のことはあらかた分かったが、病院に行く気にはなかなかなれなかった。

 

「ペニスはお湯での洗浄で十分で、石鹸で洗うのはよくない」という情報を、なぜかお湯で洗うだけで痒みがおさまると、曲解してしまっていた。

 

白いカスが頻繁に溜まるから、それを綺麗にしていればそのうち治るだろうと、このときまで考えていた。

 

すべては病院に行って包茎を指摘されたくない気持ちの表れだった。包茎のせいでカンジダにかかったという事実から目を逸らしたいという意識が知らずに働いた。

 

ヒリヒリした痛みがカリ部分を中心に走るのでセックスはできなかったし、カンジダ膣炎のことを知ってからはペニスを膣に入れるのも怖くなっていた。

 

カンジダ悪化ポイント解説

自然治癒を期待した
初期の症状の場合、乾燥と清潔に気を付けていればカンジダの症状が自然に収まることはあるようです。しかしある程度症状が表れてしまい、痒みや痛みに耐えられないという状態からの自然治癒は難しいでしょう。

 

病名を知って安心しないで、すぐにちゃんとした治療に移ることが重要です。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎、肝心なのは治療法だった。

症状はひどくなるばかりだった。

 

改めて症状について調べてみた。

 

カンジダ性亀頭包皮炎というキーワードを打ち込み、「自然治癒」と検索した。

 

初期の場合、自然に治ることもあるけれど、カンジダはカビの一種なので、発症すると治療にはある程度の根気が必要である、というようなことが書いてあった。

 

「水虫の治療に根気が必要なのと一緒」なのだそうだ。

 

続いて、カンジダ性亀頭包皮炎に続いて「薬」というキーワードを入力、検索した。

 

ネットで治療薬が購入できるらしい。これを見て心底安心したけれど、それもつかの間だった。

 

日本語のサイトだが海外からの発送のようだった。薬が到着するまであと5日、遅ければ一週間くらいはかかるかもしれない。

 

耐えきれる自信がなく、翌日観念して病院に行った。

 

カンジダ悪化ポイント解説

治療法や治療薬について検索するのが遅かった
カンジダ性亀頭包皮炎は自宅で治すことができます。

 

自己診断が危険という考え方もあると思いますが、デリケートな部分の症状ですから、病院に行くのに二の足を踏んでしまうとか、時間の都合で病院には行けないという方であれば、その機会を待つよりは自分で治療してしまった方が良い場合もあります。

 

 

 

自宅でカンジダ性亀頭包皮炎を治せる治療薬とは?

最後に出てきた、ネットで買えるカンジダ性亀頭包皮炎の治療薬で、「ロテュリミンAF」というお薬をご紹介しておきたいと思います。

 

モデルの男性はカンジダ菌に対して常に後手に回る形。カンジダ性亀頭包皮炎という病名が分かってからもグズグズしてまともな治療に入ろうとしません。

 

カンジダ菌は真菌(カビ)なので、皮膚に根付くととてもしつこいです。

 

水虫の治療に根気が必要なようにカンジダ性亀頭包皮炎にも根気が必要だというのは本当で、カンジダに対して効果の強いロテュリミンAFでも、皮膚のターンオーバーが完了する約一月の間は使い続けることを覚悟しなければなりません。

 

痒み自体は一週間から二週間ほどで良くなります。そのときに油断せず、もう二週間くらい続けて治療する。

 

モデルの男性のように治療が遅くなれば治療も長引くかもしれませんし、注文してから到着するまでに時間がかかって、病院なんか行きたくないのに仕方なく病院へということも考えられます。

 

カンジダだと思ったらすぐ治療、これが大事です。

 

初期段階での治療、予防に使えるファンガソープEX

まだカンジダ性亀頭包皮炎なのかどうかも分からない状態で(単純にペニスが痒いというだけの状態で)先駆けてカンジダ専用のロテュリミンAFを買っておくのも違う気がするという方は、ファンガソープEXを使うと良いでしょう。

 

ファンガソープは細菌、真菌に対する殺菌効果を持つソープで、これでカンジダの悪化を防ぐことができます。主成分のティーツリーオイルが強力な殺菌・抗菌効果を発揮し、シアバターが抗炎症・保湿効果を発揮します。

 

カンジダの退治目的で使う場合、予防と、継続治療の両方で活躍します。

 

またファンガソープEXは単純な汗や汚れによる湿疹やかぶれにも効果がありますから、日ごろのボディーソープとして利用できるでしょう。

 

普段使いとしてはちょっと高いかもしれませんから、夏場、股間や足をケアする用のボディーソープなどとして使用するのがおすすめです。