ロテュリミン

大人の亀頭包皮炎と治療薬について

 

亀頭包皮炎はペニスに菌が感染することにより、炎症を起こしてしまう病気です。

 

特に子供がなりやすいといわれていますが、大人でも発症することがあります。

 

この病気の症状の特徴としては、白い垢が出てきたり、かゆみや軽い痛み、ただれなどの症状が起こります。

 

大人の場合は、治るまでに時間がかかることがあり、また、何度も再発を繰り返すことがあるので、面倒な状態になってしまう可能性があります。

 

そこで、亀頭包皮炎の治療としては、亀頭包皮炎の場合は自然治癒することもありますが、薬による治療が基本となってきます。

 

どのような薬を用いるのかとうと、軟膏やクリームを使用していくという方法が一般的です。

 

ただし、亀頭包皮炎の中でもカンジダと呼ばれる菌が原因の場合は、通常の抗生物質では効果がないので、抗真菌作用のある軟膏やクリームを使用して治療を行っていきます。

 

また、症状が強いような場合では、ステロイド軟膏を用いるということもあります。

 

このような薬を用いるのと同時に、常にペニスは清潔にするということも大事になってきます。特に包茎の人は、ペニスが不衛生になりやすいので、常に清潔でいられるように心がけることも必要になってきます。

 

 

カンジタに効果のある市販薬

 

カンジダは、女性でも男性でもなる病気です。

 

ある日突然、強いかゆみなどが体にでることがあり、はじめて経験する人はかなりの恐怖を感じることも多々ある病気の1つです。

 

体が健康な人でもなりやすい病気であり、とても広く知られた病気でもあります。

 

なおすためには、病院などに行き、薬などを処方してもらう必要があります。

 

カンジダの市販薬というものもあり、こちらは、以前にカンジダだと病院で診断された人が、その時に出された薬の控えなどを持って行くと、市販薬を購入することができます。

 

ただ、1度もカンジダの診断を受けたことがない人の場合には、これらの市販薬については、販売が許可されていません。

 

病院などで、1度診断を受けた場合には、これらの薬を薬局などでも手に入れることができますが、自己判断の場合には薬を手に入れることができないようになっています。

 

市販の薬については、このように過去の診断の結果があると手に入れることができます。

 

その際には、薬剤師さんなどが、アドバイスなどによって、おすすめの薬などを教えてくれることがあります。

 

また、いくつかの種類の薬の中から、自分に合った市販の薬をアドバイスをしてくれることがあります。