ロテュリミン

性器カンジダと自然治癒

 

性器カンジダは男性も女性も両方に感染する可能性のある病気です。

 

カンジダ菌はもともと体内に存在している細菌が異常増殖する事によって発症します。

 

そのため、感染しても症状が現れない場合や菌の活動が弱まれば自然治癒の可能性もあります。

 

女性の場合症状が出た場合自然治癒する事は稀です。

 

そのため、カンジダ症と思われる症状が出たら専門の医療機関へ受診し診察を受ける事が必要となります。

 

男性の場合は女性と性行為をして陰茎皮膚にカンジダが移っても入浴やシャワーをしている限り感染する事は稀です。

 

カンジダ菌はカビの一種であるため湿気のある場所を好みます。男性の性器は体の外に位置しているため、通気性を良くし清潔に保っていれば感染する事はありません。

 

感染しても清潔にしていれば自然治癒する事もあります。

 

症状が出た場合は自然に治る事はないため、女性は婦人科、男性は泌尿器科に受診し正しい治療を行う事が大切です。

 

症状としては男女ともに性器のかゆみがあらわれます。そして女性の場合はおりものに異常がみられ、男性の場合は白いカスのようなものが付着します。

 

このような症状が出た場合は薬を使用しないと完治しないため必ず医療機関へ行きましょう。

 

 

性器カンジダと他の性感染症

 

性器カンジダは他の性感染症とは異なる特徴があります。

 

それは性交渉をしなくても発症する可能性があるという点です。

 

性器カンジダは性交渉で感染するよりも自家感染のリスクの方が高い病気と言えます。

 

カンジダ菌はもともと体内に存在している細菌なので、いろいろな理由によって細菌が増殖し活発化する事によって症状があらわれる事があります。

 

特に女性は男性に比べて自家感染のリスクが高いので注意が必要となります。

 

女性はホルモンバランスの崩れやストレス、疲労などによってカンジダ症が発症する事があります。

 

男性の場合は包茎などの理由で性器が不衛生な状態が原因で発症する事が多いと言われています。

 

他の性感染症とは治療方法でも違いがみられます。

 

性感染症の治療は通常、原因となった細菌を排除するため抗生物質の投与が行われますが、性器カンジダの場合原因菌はカビの一種であるため抗真菌剤を使用して治療が行われます。

 

膣内に広く感染している場合は膣洗浄が行われる事もあります。

 

疑われる症状があらわれた場合は他の感染症の可能性もあるため、すぐに専門の医療機関へ受診して正しい治療を受ける事が必要となります。

 

病院へ行くのが抵抗のある方は郵送検査等で検査をする事も可能です。