ロテュリミン

性器の異変に注意!原因はカンジダ菌だった?

 

カンジダは膣などの体内に住んでいるカンジダ菌によって引き起こされる病気です。男女共に性器に症状が出てきてしまうため、注意が必要となりあます。

 

女性の場合は膣や外陰部にかゆみや痛み、腫れなどの症状があったり、おりものの量が多かったりいつもと違いヨーグルトやおからなどのような形状をしている、性行為のときに痛みがでるなどが現れてしまいます。

 

男性の場合には性器にかゆみや痛みが出たり、恥垢や白いカスが出る、斑点が現れたり性器の表面が乾燥するなどの症状が出てきてしまいます。

 

原因はカンジダ菌が何らかの理由によって異常に増殖することによって引き起こされます。

 

ストレスや疲労によって免疫力が低下している、

 

抗生物質を服用してしまうことで常在菌が殺されることでカンジダ菌が繁殖してしまう、

 

夏場などに膣が汗で蒸れたり、性交の後にシャワーなどを浴びないで不潔にしているために繁殖しやすい環境を作ってしまうことなどによって増殖してしまうのです。

 

 

症状だけでは判断が難しいため、おかしいと思ったら病院に行き診察を受けることが大切です。放っておくと悪化して別の病気を発症してしまう可能性もあります。

 

予防のためには通気をよくしたり、免疫を高めるためにヨーグルトを食べる、清潔を保つことなどがおすすめです。

 

男性カンジダと性器の違和感

 

男性がカンジダに感染した場合、亀頭部分と包皮に感染しカンジダ性亀頭包皮炎を発症する事があります。

 

発症したら性器に違和感を感じることがあり、かゆみ、痛み、さらに臭い等さまざまな異変があらわれるようになります。

 

カンジダ菌に感染する主な原因としては性行為や体調の変化が挙げられます。性行為での感染はごくまですが感染する可能性はあります。

 

男性の性器は体の外側に位置しているため、カンジダ菌は感染しにくい環境となります。

 

しかし性行為によって細菌が付着したまま洗い流さなかったり、極端に不潔な状態のままにしておくと発症してしまいます。

 

また、免疫力や体力の低下によって体の細菌バランスが崩れたり、抗生物質やステロイド剤の使用によっても感染する場合があり、性行為による感染よりも発症する確率が高くなります。

 

男性の場合、石鹸で性器を過度に洗浄する事によっても感染する可能性が高まる事があります。

 

亀頭包皮炎の原因となる菌はカビの一種で石鹸で執拗に洗っても死滅する事はありません。

 

しかし、石鹸で洗いすぎるとカビ以外の細菌や雑菌が減少するためカンジダ菌が異常増殖する原因となります。

 

発症する原因はさまざまですが性器に違和感があらわれたらすぐに医療機関へ行くことが必要となります。