ロテュリミン

カンジダでニキビのようなできもの

 

カンジダになるとポツポツとニキビのようなできものが出てくることがあります。

 

カンジダっていうと、痒みが代表的なので、ニキビのようなポツポツが出てくると、カンジダだと思わないこともあります。

 

そして、私の通っていた婦人科では、膣錠を毎日使用しないといけない場合、自分で指で膣錠を入れられる人は膣錠を処方してもらい、毎日の通院を免除されることができました。

 

主に再発者とか、膣錠を入れることに慣れている人は、毎日の通院よりも、自分で膣錠を入れた方が、毎日通院する手間が省けるので楽ですよね。

 

でも、自分で膣錠を入れることが出来ない人は、毎日膣錠をお医者さんに入れてもらうために通院しないといけません。

 

そのため、私は結局、いつも病院へ通っていました。

 

自分で膣錠を入れるのが怖いので、お医者さんにやってもらったほうが安心感があります。

 

ただ、仕事で毎日通院出来ない人とか、色々な事情がありますからね。

 

やはりそういう人は、自分で膣錠を入れた方がやっぱり楽だろうなって思います。

 

ただ、病院によっては、やっぱり毎日通って下さいって言われてしまうこともあるので、やっぱり病院によって対応って違ってきますので、どうなるのかは医師の判断によります。

 

 

人に知られたくないカンジダ

 

カンジダの症状ってすごく沢山あって、痒みが出ないでにきびみたいなポツポツだけが出来ることもあります。

 

痒みがないと、カンジダっていう感じがせず、ポツポツを見てただのニキビだと判断してしまう人もいます。

 

そして、よくネットの知恵袋とかで、カンジダの相談をしている人がいますが、カンジダって人には言えないですよね。

 

私も妊娠中にカンジダになったことがありますが、旦那さんには言えなかったですもん。

 

妊娠中だから、性行為はしなかったので、相手には言わないでも良いかなって思いましたが。

 

旦那さんにだって、言いいにくいです。

 

それだけに、病院でカンジダの診察をしてもらうのも、やっぱり薬局でカンジダの薬を買うのも、どれも恥ずかしいって思ってしまうんです。

 

なかなか周りの人へカンジダの感染を話すことは難しいと思います。

 

友達や親でも、あんまり言いたくない話ですからね。

 

だから余計に、見知らぬ医師や薬剤師なんかには、相談しにくいと思います。

 

やはり婦人科や泌尿器科の治療となれば、それだけ診察も複雑ですからね。

 

特に若い人は、性器カンジダとかは、診察の時に恥ずかしくて嫌がる人は多いと思います。

 

あんまり自分以外の人に見せるのって、恥かしいですからね。