ロテュリミン

カンジダ治療は乾燥がポイント

 

ぺニスのカンジダを治療する場合、大事になってくるのはやはり『乾燥』です。

 

お風呂上りの時など、しっかりとペニスの水分を取って、乾燥させるようにするとカンジダ菌を上手に治療することが出来ます。

 

でも、でも、女性の場合、「処女って膣錠って使えるの?」と疑問に感じることがあるかもしれません。

 

膣錠は、処女の人でも普通に使用されます。

 

処女だから膣錠を処置してもらえないというわけではありません。

 

ただ、自分で入れようと思っても、やっぱり膣錠っていうのは、処女の人からしたら、不安な部分が大きいと思います。

 

やはりそういう場合は、病院に毎日通院して、医師に処置してもらったほうが安心かもしれません。

 

膣錠は処女じゃなくても、やっぱりある程度痛みがあるので、女性にとっては、あんまり嬉しくない薬だと思います。

 

ただし、膣カンジダにとっては、大変効果が高い特効薬なので、市販薬なんかで効果がなかった人にも効果抜群です。

 

軟膏やクリームで改善が出来なかった人は、やっぱり膣錠を使用すると、短期でカンジダが完治できるので、すごくおススメです。

 

痛みが怖くて、膣錠を嫌がる人も多いですが、その分効果はあるので、試してみて欲しいと思います。

 

 

水虫もカンジダもお風呂上がりが大事

 

水虫もカンジダも、お風呂上がりって、すごく重要!

 

結局、水虫とかカンジダとか、カビの病気で悩んでいる人って、ちゃんと水を拭いていないのが原因になることが多いです。

 

湿気がなければ、カビは繁殖できなくなってしまうので、やはりカンジダが繁殖しにくい環境を作っていくことがすごく大事だと思います。

 

ぺニスのカンジダの場合も、薬で治療することも大事だけど、やっぱり乾燥習慣をつけることが一番重要だと思います。

 

ペニスのカンジダなんか、女性器に比べれば、それほど湿気が多い場所ではないので、しっかり拭いていれば特に治療をしなくても、そのままで治ってしまうこともありますからね。

 

やはりお風呂上りに水分をあんまり拭かず、そのまますぐに下着を履いている人は、蒸れがすごくなりますので、カンジダには気を付けないといけません。

 

また、男性の場合は、ペニスに痒みだけではなく、ニキビのようなぶつぶつが出てくることもありますので、間違って引っ掻いてしまったりしないように気を付けましょう。

 

引っ掻いて傷つけると、すごく痛くなってしまいます。

 

傷つけないためには、爪を長く伸ばしたままにしないで、ちゃんと短くしておくことがポイントですね。