ロテュリミン

カンジダ性亀頭包皮炎とHIV

 

HIVに感染したときというのは抵抗力が著しく低下してしまい体調不良になります。

 

エイズを発症する前に様々な体調不良の症状が見られるようになります。

 

このような場合には風邪を引きやすくなったり帯状疱疹ができてしまうことになります。

 

カミソリ負けでブツブツができてしまうようになります。

 

さらに微熱が続いたり、倦怠感がきつくなるようになります。

 

カンジダ症を発症してしまうようになることもあります。

 

ただし、HIVというのは特有の症状などはありません。

 

そのため、HIVの感染に気づかないこともあります。

 

HIVを発症してから感染していたことに気付く、ということも非常に多いようです。

 

性器カンジタ症は女性の場合には膣カンジタを発症するようになります。

 

男性の場合にはカンジタ性亀頭包皮炎を発症することになります。

 

 

膣カンジタ症になりやすい女性というのはコンドームを着用せずに性行為をするのは危険です。

 

カンジダ菌は健康な女性でも膣の内部に存在している菌なのですが、免疫力の低下などによってカンジダ症を発症します。

 

男性は亀頭部分の小さな傷から女性のカンジダ菌が侵入してしまうことで発症することがありますので注意が必要ですよ。

 

やはりカンジダ性亀頭包皮炎を予防するにはなによりもコンドームの着用が重要なんですよ。

 

 

カンジタ性亀頭包皮炎に効く!カンジタ (男性) ロテュリミン AF

 

性器が痒い、白いカスのようなものが出る、亀頭が赤くブツブツとした腫れができる…。

 

こうした症状に悩まされているのなら、それはカンジタ菌が原因の症状かもしれません。

 

カンジタというと女性が抱えやすい症状というイメージがありますが、男性であっても発症の可能性はあります。

 

性行為が原因でカンジタに感染し、知らずに放置することで男性であってもカンジタによる困った症状を抱えるようになります。

 

一般的に男性のカンジタは糖尿病であったりステロイド剤を使用していたり、包茎の方に発症しやすいと言われています。

 

男性はカンジタに感染しても軽い皮膚炎を起こすだけの場合が多いのですが、上記のような方の場合はカンジタ性亀頭包皮炎を発症してしまうリスクが高まります。

 

カンジタ性亀頭包皮炎になると強い痒みに襲われ日常生活にも支障をきたしますので、薬でしっかりと治療することをお勧めします。

 

カンジタ性亀頭包皮炎には、カンジタ (男性) ロテュリミン AFが良いとされています。

 

国内ではカンジタの薬をもらうには病院で診療が不可欠ですが、ロテュリミンAFであれば個人輸入によって通販で入手することができます。

 

ダンボールに入った状態で伝票にも商品名は表記されませんので、プライバシーだって守れます。

 

強力成分クロトリマゾールがカンジタに効果を発揮してくれるロテュリミンAFで、カンジタ専門治療を始めていきましょう!