ロテュリミン

カンジダ性包皮炎と性行為

カンジダ性包皮炎というのは単なる亀頭包皮炎とは少し異なるものです。
性行為が原因で亀頭包皮炎を発症するのですが、オーラルセックスによって発症することもあります。

 

歯が当たったり、摩擦が激しくなることによって亀頭包皮に傷ができてしまったり、かぶれてしまうと細菌性亀頭包皮炎を発症してしまうことがあるのです。

 

また、女性との性交渉も亀頭包皮炎の原因となってしまいます。
カンジダ菌というのは皮膚や、口の中、消化管といった女性の膣の内部に存在している常在菌になります。

 

男性の場合には女性と性交渉をして亀頭部分や包皮にたくさんのカンジダが付着してしまいます。
このようなカンジダが付着してしまったとしても、健康な男性であれば免疫力によってカンジダ菌をしっかりと殺菌することができます。

 

しかし、包茎の男性というのは亀頭と包皮が常に密着している状態で乾燥することがありません。
そのため、湿度も高い状態になります。

 

このような状態を予防するためにも、しっかりと洗浄をするようにしなければなりません。
包茎を治療することができれば、カンジダ性包皮炎を根本的に治療することができますよ。

 

普段から亀頭部分の洗浄を徹底することができれば、カンジダ性包皮炎を徹底的に予防改善することができますよ。