ロテュリミン

カンジダ姓包皮炎とカビ

 

カンジダ性包皮炎というのは、カビの一種となっているカンジダ菌が陰茎の亀頭部分に炎症を起こしてしまっている状態です。

 

疲労やストレスといったものによって抵抗力が低下してしまうことが主な原因となっているのです。

 

カンジダ性包皮炎は性感染によって発症することが最も多いと言われています。

 

カンジダ性包皮炎は一旦発症してしまうと何度も繰り返してしまうようになります。

 

そのため、なかなか完治しにくいのです。

 

治療においては抗真菌剤軟膏を患部に直接塗りこむのが一般的です。

 

平均的には3ヶ月程度治療を続けることで沈静化するのですが、再発してしまう可能性も高くなります。

 

また、カンジダ性包皮炎というのは仮性包茎の方には非常に多く発症するものです。

 

症状が深刻で改善されないような場合には包茎手術も治療の1つとして行うことが多いようです。

 

仮性包茎というのはカンジダ菌が繁殖しやすい環境になりやすいのです。

 

カンジダ性包皮炎は性行為が原因となって発症してしまうことが多いですので、しっかりと予防措置を講じるようにしなければなりませんよ。

 

一度発症した時点で徹底的に治療をしなければ何度も再発してしまう、ということを覚えておいてくださいね。

 

 

 

男性カンジダで気をつけるべきポイント

 

生活で痒みを訴えたのをきっかけとして、男性カンジダと診断される場合があります。人によってさまざまですが、表立った症状が出現すると、痒みや痛みが違和感となって感じられるようになります。

 

日常生活動作には支障がありませんが、感染のリスクがあるため、パートナーに対する感染を予防するのがマナーです。

 

風俗店など、不特定多数の相手をこなす場でカンジダが発症していると、爆発的な感染を起こすことがあります。そうならないためにも、自己管理を徹底するのが重要です。

 

他にも亀頭部分にびっしりと白いカスがつくこともあります。入浴時に取ることもでき、湿っている状態であれば、トイレットペーパーでふき取ることも可能です。

 

ただし、痒みや痛みを伴うこともあるので、対症療法を行うことが必要になります。

 

泌尿器科に相談すると、男性カンジダの有無を検査することができます。検査には時間を要さず、すぐに男性カンジダ発症の有無を突き止めることができます。

 

症状に合わせて軟膏を処方してもらうこともできるため、二次感染の予防に努めることと、自分の症状を軽快させるような措置を行うことが必要です。

 

清潔さを保つことも男性カンジダには重要です。しっかり直して楽しい性生活を送れるようになるまでは、性行為は自粛すべきです。