ロテュリミン

カンジダ男性と性感染症

 

性感染症というのは放置してしまう、というのが最も良くありません。

 

であるにも関らず、医療機関において検査や治療を受けることを避け、放置をしてしまうこともあります。

 

とくに男性の場合には症状がなかなか現れないために治療の必要性等を感じることもなく放置してしまうようになるのです。

 

性器カンジダに関しても、放置をすると色々な問題を引き起こしてしまいます。

 

性交渉における感染拡大はもちろん、症状そのものが悪化するというのも深刻になります。

 

まず男性の場合には亀頭包皮炎の原因となるのです。

 

亀頭が赤くただれてしまい、痛みや痒みを現れ、さらに白いカスがたくさん出るようになります。

 

また、尿道炎を発症することもあります。

 

性器カンジダからこの症状にまで発展する、というケースは稀なのですが、尿道に炎症が起こることによって排尿時や射精時に痛みを感じるようになります。

 

女性の場合はかなり症状が深刻になります。

 

外陰部、膣において炎症が現れ、かゆみが酷くなります。

 

性交渉における痛み、排尿障害などの症状が見られることもあります。

 

さらに恐ろしいことが母子感染です。
妊娠中というのはホルモンバランスにおける影響で性器カンジダを発症しやすいのです。

 

 

もちろん男性でもカンジダにおける症状が悪化することもありますので注意しておくようにしましょう。

 

 

カンジダは男性でも症状が出る

 

男性の亀頭部の痒みや痛みを感じることというのはありますよね。

 

さらにただれや包皮が切れるなどの症状というのはカンジダ症によって現れることが多い症状になります。

 

このような症状というのは、カンジダ症を疑ってみるのが良いでしょう。

 

しかし、カンジダ症というのは実は非常に稀な性病になります。

 

カンジダ症によく似ている性病もありますので必ずしもカンジダ症であるということはありませんが、素人判断をしてしまうのは危険です。

 

包茎、糖尿病、ステロイド剤などを使用していないにも関わらずカンジダ症のような症状を感じる場合には注意が必要です。

 

場合によってはエイズなどの病気によって抵抗力が著しく低下してしまい、カンジダ症を引き起こしている可能性もあるんですよ。

 

現在の症状がカンジダ症によって引き起こされているという確信があるのであれば、市販薬を使用することで症状を改善することもできます。

 

しかし、男性の場合にはカンジダ症を発症するというのは非常に稀なことですので、カンジダ症かどうかの判断がつかない場合には不用意にこのような薬剤を使用してはいけません。

 

カンジダ男性の多くは最初は性病ではないかと不安に思うようです。

 

原因がはっきりと分からないのであれば、まずは専門医に相談をしてみるようにしましょうね。