ロテュリミン

ここで改めてカンジダ性亀頭包皮炎を治すコツを再確認してみましょう。

 

神経質になり、ペニスを余計に洗ってしまうことは避けましょう。

 

そして、最後まで適切な軟膏を塗り続けることです。

 

カンジタ菌に効果が無ければ意味がありませんし、途中でやめてしまうとまた元に戻ってしまう可能性もあります。

 

カンジダ以外にも痒い時にはどうすれば良い?

 

最初にご紹介しましたが、男性にとってペニスの変化は恐ろしいものです。

 

しかし、だからこそ正しい治療方法を選ぶべきではないでしょうか。まずは冷静に症状を見極める必要があるのです。

 

もし挙げたのとは違う症状が出ていれば、カンジダ性亀頭包皮炎では無いのかもしれません。もしかしたら違う病気かもしれませんし、何かの合併症かもしれません。しかし、もし同じ症状ならばひとまずは安心といったところではないでしょうか。

 

そもそもカンジタ菌は女性から貰うものです。

 

そのため、女性に移してしまう心配がありません。ピンポン感染といって、治療してもパートナー同士で感染してしまうということは、ある程度健康な状態であれば考えられないことなのです。もちろん、性病として移るわけではないので、女性の浮気を疑う心配もありませんよ。

 

カンジダ菌についてご説明させて頂きましたが、実際には自分がカンジダ性亀頭包皮炎かどうかはわからないという方もいらっしゃるかと思います。

 

例えば、亀頭やペニスというよりも股間全体が痒いという方もいます。

 

そこで思い出して頂きたいのですが、日頃無意識にかきむしっていることはありませんか?実は、寝ぼけている時などにかきむしっている方が多いのです。もし可能であれば、恋人や奥様などパートナーに確認してもらってみて下さい。

 

では、かいていたとしたら何が原因だと思いますか?もちろん、それが癖になってしまっているという方もいます。しかし、カンジダやインキンの可能性もあります。ちなみに、インキンも白癬菌というカビの一種です。

 

確認してみた人の中には、気付かないような場所に赤いブツブツとした湿疹が出来ていたという方もいます。袋の裏など、見えにくいところも確認が必要ですね。

 

しかし、実際には痒み程度ではあまり病院に行こうとは思いません。それが明らかに異質な行為だとしてもです。誰だって男性が股間をかきむしっているところなんて見たくないですよね。

 

 

カンジダは真菌です。ですから一般的な石鹸でなく真菌に効果のある薬用ソープを使うと効果的に治療できます。

 

ファンガソープEXは真菌に強い薬用ソープ

 

もし、自分が無意識にでも股間をかきむしっているという事がわかったらファンガソープEXを是非使ってみて下さい。

 

カンジダもインキンも真菌が原因で起こります。真菌は他にも湿疹やヘルペスの原因にもなりますが、そういった真菌が原因となる皮膚のお悩みを解決してくれる優れものなのです。

 

ちなみに、ファンガソープEXは先にご説明させて頂いたファンガクリームと併用することでより効果が上がります。

 

真菌に効果があるので、カンジダ菌以外にインキンや足の水虫にも効果があります。更に、インキンの方であればロテュリミンウルトラの方がより効果的ですね。

 

なぜ軟膏だけではダメなのかと言いますと、とても調整が難しいからなのです。清潔にして、それでいて洗い過ぎない。誰かに教わることもできませんし、これを調整するのはとても難しいのです。

 

カンジダ性亀頭包皮炎でも、常に清潔にしていたい!という方にもおすすめできますね。

 

股間のトラブルは突然やってきます。もちろん病院で治療するのが一番なのですが、なかなかそうはいきません。恥ずかしさもありますし、仕事などが忙しくて平日に休みを取れないという方もいますよね。

 

そんな時、ファンガソープEXはとても役に立つと思います。

 

実際、ペニスや股間に起こる異変の原因というのは、真菌であることが非常に多いです。そのため、真菌の特徴を覚え、冷静に症状を判断しましょう。

 

そして適切な治療方法で対処することで、もう股間をかきむしる事も無くなりますね。