ロテュリミン

カンジダでニキビのようなできもの

 

カンジダになるとポツポツとニキビのようなできものが出てくることがあります。

 

カンジダっていうと、痒みが代表的なので、ニキビのようなポツポツが出てくると、カンジダだと思わないこともあります。

 

そして、私の通っていた婦人科では、膣錠を毎日使用しないといけない場合、自分で指で膣錠を入れられる人は膣錠を処方してもらい、毎日の通院を免除されることができました。

 

主に再発者とか、膣錠を入れることに慣れている人は、毎日の通院よりも、自分で膣錠を入れた方が、毎日通院する手間が省けるので楽ですよね。

 

でも、自分で膣錠を入れることが出来ない人は、毎日膣錠をお医者さんに入れてもらうために通院しないといけません。

 

そのため、私は結局、いつも病院へ通っていました。

 

自分で膣錠を入れるのが怖いので、お医者さんにやってもらったほうが安心感があります。

 

ただ、仕事で毎日通院出来ない人とか、色々な事情がありますからね。

 

やはりそういう人は、自分で膣錠を入れた方がやっぱり楽だろうなって思います。

 

ただ、病院によっては、やっぱり毎日通って下さいって言われてしまうこともあるので、やっぱり病院によって対応って違ってきますので、どうなるのかは医師の判断によります。

 

 

人に知られたくないカンジダ

 

カンジダの症状ってすごく沢山あって、痒みが出ないでにきびみたいなポツポツだけが出来ることもあります。

 

痒みがないと、カンジダっていう感じがせず、ポツポツを見てただのニキビだと判断してしまう人もいます。

 

そして、よくネットの知恵袋とかで、カンジダの相談をしている人がいますが、カンジダって人には言えないですよね。

 

私も妊娠中にカンジダになったことがありますが、旦那さんには言えなかったですもん。

 

妊娠中だから、性行為はしなかったので、相手には言わないでも良いかなって思いましたが。

 

旦那さんにだって、言いいにくいです。

 

それだけに、病院でカンジダの診察をしてもらうのも、やっぱり薬局でカンジダの薬を買うのも、どれも恥ずかしいって思ってしまうんです。

 

なかなか周りの人へカンジダの感染を話すことは難しいと思います。

 

友達や親でも、あんまり言いたくない話ですからね。

 

だから余計に、見知らぬ医師や薬剤師なんかには、相談しにくいと思います。

 

やはり婦人科や泌尿器科の治療となれば、それだけ診察も複雑ですからね。

 

特に若い人は、性器カンジダとかは、診察の時に恥ずかしくて嫌がる人は多いと思います。

 

あんまり自分以外の人に見せるのって、恥かしいですからね。

 

 

カンジダで股ずれ!

 

カンジダによっておりものが増加してくると、肥満の人は、股ずれに苦しむようになってきます!
カンジダ自体も痒みが酷くて辛いですが、それ以上におりものの増加で湿っぽくなった陰部周辺が股ずれしやすくなり、皮膚がただれて大変なことになります!
そして、高齢者とカンジダというのは、実はすごく難しくて、高齢者の場合はカンジダを放っておいたことによって、命の危険まで出てきます。
通常、カンジダ菌は免疫力がある人だと、そのまま放置していても、自然に1カ月くらいで治ってしまうものです。

 

しかし、免疫力が低下している高齢者などがカンジダになってしまうと、ただでさえ治りにくい!
おまけに傷口などからカンジダ菌が入ってしまい、敗血症になってしまうと、合併症から死亡する例もあります。
敗血症というのは、外部から侵入してきた菌に対して、体内の防御反応が働いた際に、全身が反応し、臓器にダメージが出てしまう症状です。

 

敗血症の患者は65歳以上に多いと言われており、高齢者が感染した場合、高い死亡率になりやすいです。
そのため、高齢者がカンジダになってしまった場合は、敗血症になって重症化する前に、ちゃんとカンジダを病院で治療してしまったほうが良いですね。

 

カンジダのおりもの対策

カンジダでおりものが増加するのはよくあること。
そのため、カンジダのおりものの増加で悩んでいる人は、手っ取り早くおりものシートを使うのが良いですね。
おりものシートはカンジダでおりものが増加しても、こまめに交換することで、快適な状態を保てます。
そして、カンジダを予防する方法として、カンジダダイエットがあります。
カンジダダイエットでは、カンジダ菌が好む糖分をカットすることによって、カンジダになりにくい、カンジダを繁殖させにくい体質にすることが、目的です。
実は食品にはカンジダ菌が好むものがいくつかあり、代表的なものは糖質を多く含む炭水化物や発酵食品と言われています。
炭水化物や発酵食品を避けることによって、カンジダになりにくい体質に改善していくことが出来ると言われています。
特に日頃からカンジダの再発が多い人には、良い手段ですね。
ただし、一度カンジダになってしまった時には、カンジダダイエットだけで完治ができるかというと難しいです。
やはりカンジダダイエットはあくまでカンジダの予防に有効であり、即効性のある治療方法ではありません。
食生活が乱れていたり、カンジダの再発が多い人が予防するためにおススメの方法です。