MENU

ロテュリミン

カンジダよりも怖い細菌性膣炎

 

カンジダは細菌ではなく、カビの一種です。
そのためカンジダに細菌用の薬を使用しても、全く効果がありません。

 

カンジダ治療する時には、抗真菌薬が有効です。
カンジダの治療薬を買って、使ってみたけど、全然効果がなくて治らない場合は、細菌性膣炎の可能性もあります。

 

細菌性膣炎は、妊娠中の場合、流産や早産の原因にもなりますので、放っておくと危険です!

 

自然治癒が可能なカンジダに比べて、細菌性膣炎の方が、悪化した場合のリスクが高いので、妊娠中の人は、注意をする必要があります。

 

妊娠していない人の場合も、カンジダの市販薬を使っても、なかなか完治出来ない場合は、細菌性膣炎以外にも、糖尿病などの他の病気の可能性が考えられますので、一度病院に行くことをおススメします。

 

カンジダの影に隠れて、大きな病を患っている可能性があります!

 

女性は特に、婦人系の病気って、将来的に子供が産めなくなる可能性もありますから、しっかりとチェックをしてもらう方が良いと思います。

 

病院に行かないと、なかなか判断できないケースも多いので、まだ一度も病院へ行ったことがない人は、一度婦人科を受診してみると良いと思います。

 

それによって、本当の病名が判明するのですっきりします!

 

 

デリケートゾーン用の薬でカンジダは治るのか?

 

カンジダを細菌と勘違いしている人がいますが、カンジダは真菌です。

 

真菌というのは細菌とはちょっと違いカビのことを指します。

 

やはりそれぞれの症状に応じて、有効な成分を使った薬で治療をする必要があります。

 

そして、私の知人に彼女からカンジダをもらってしまい、デリケアエムズを買ってきたけど治療が出来なかったという男性がいます。

 

まあ、男性の場合は、比較的早くカンジダも完治するのですが、男友達としては、デリケアエムズを使えば、もっと早くに完治出来るのかと思っていたそうです。

 

でも、デリケアエムズは、デリケートゾーンの痒みを緩和をさせる薬であり、カンジダの治療薬ではないんですよね。

 

そのため、デリケアエムズを使っても、早くカンジダを完治出来なかったのだと思います。

 

結局、デリケアエムズを使っても、自然治癒と同じくらいの時間がかかったようです。

 

それだけ、デリケートゾーン用の薬とカンジダ用の薬では、配合成分も違うということです。

 

やはり即効でカンジダを治したのであれば、病院で薬を貰ってしまったほうが早いですね。

 

病院で軟膏を処方してもらえば、大体の場合は、3日くらいで良くなってしまいますからね。

 

遅い人でも1週間もあれば、治ってしまいます。