MENU

ロテュリミン

膣炎はカンジダだけではない!

妊婦さんが妊娠中に気を付けないといけないのが膣炎。

 

特に膣炎の中でも妊婦にとって危険なのはカンジダ膣炎ではなく細菌性膣炎です。

 

カンジダ膣炎も有名なのですが、細菌性膣炎の方が、子宮頚管炎や絨毛膜羊膜炎にまで悪化すると、流産や早産の原因となるので気を付けないといけないのです。

 

カビが原因のカンジダ膣炎に比べて、細菌が原因の膣炎の方が厄介です。

 

そして、男性の場合は、カンジダの感染源がほとんど性交渉と言われています。

 

あんまり自然にカンジダを発症することが少ないので、彼氏がカンジダになってしまった時っていうのは、浮気を疑ってしまう部分があります。

 

でも、女性の場合は、性交渉殻の感染ではなく、自然に発症してしまうことの方が多いです。

 

やはりそれだけ女性っていうのは、女性器が高温多湿でカンジダにとって繁殖しやすい状況だからだと思います。

 

女性器と男性器では、やっぱり構造上の違いがあり、空気に触れて乾燥しやすい男性期の方が圧倒的にカンジダは増殖しにくいはずです。

 

一方、女性器はやっぱり乾燥しにくい部分がありますので、カンジダにとっては好都合。

 

カンジダの患者数を見ても、女性の方が圧倒的!

 

カンジダっていうのは、女性特有の病気と言ってもおかしくはないかもしれません。

 

 

メントールじゃカンジダは治らない!

 

カンジダを殺菌するには抗真菌薬が必要です。

 

抗炎症剤やメントールでは効果がありません。

 

市販のデリケートゾーン用の薬には、カンジダを殺菌できる有効成分が配合されていないので、カンジダを治療したい人は、購入時に抗真菌薬か、ちゃんとチェクしましょう。

 

また、最近は生活がどうしても苦しくて風俗で働く人もいますが、カンジダなどの病気にはやっぱり気を付けないといけません。

 

風俗はお給料が高いので、生活が苦しい人には魅力的な条件です。

 

でも、それだけリスクも大きい仕事です。

 

というのも、やはり風俗ではカンジダやクラジミアの感染は日常茶飯事です!

 

ただし、カンジダやクラジミアなどは、まだ治療費が安く済みますが、他の病気の場合は、風俗で稼いだお金が、医療費に消えるほど深刻な病気の場合もあります。

 

HIVなどは、医療費が高くて、医療費を払い続けるために、風俗をやめられないなんて人もいるようですからね。

 

やはり風俗は自己申告でやっている部分がありますので、相手がどんな病気を持っているのか、全くわかりません。

 

それだけに風俗はカンジダで済めば、まだまだラッキーな方ですね。

 

もっと深刻な怖い性感染症が、世の中にはありますので、風俗も命懸けだなって思います。